永遠の都ローマで撮影された映画”天使と悪魔”を見て、ローマに惚れ直しました。(ローマNo.1)

一昨日映画”天使と悪魔”を見てきました。みなさんご存知の”ダヴィンチ・コード”の続編です。またもトム・ハンクス演じる宗教シンボル学者のラングドン教授が謎解きをしながら、ヴァティカンを秘密結社イルミナーティの脅威から救うというストーリーです。ほんとうに最後の最後まで息をつかせぬ展開の速さで、スクリーンに釘付けになってしまいました。映画に登場するのが、永遠の都ローマのこれまた有名な場所ばかりです。まず、なんといっても一番の舞台は、ヴァティカン市というか、あのサン・ピエトロ広場とヴァチカン宮殿、システィーナ礼拝堂です。

画像


ヴァチカン宮殿内部は広大な美術館!その展示物の数の多さと質の高さに圧倒されます。

画像


そして、4つのエレメント(空気、火、水、土)を表すカトリック関連の場所(主に教会)で次々と執行された殺人!不思議なことに犯人はいつも、ラングドン教授のために謎を解くヒントを残していくのです。(そうでないと、映画になりませんが、、)最初に出てくる場所が、あのパンテオン!

画像


パンテオン内部です。2000年以上も前に建築されたこの神殿の建築としての素晴らしさ、装飾の素晴らしさに目を見張ります。

画像


それからサンピエトロ広場!わたしが訪問した時は、広場を囲む立派な円柱や屋根の上にある沢山の聖人たちの像ばかり見て、足元を全く見ていませんでした。が、足元にも沢山見るべきものがあったんですね。それに、広場のマンホールの下には、ネクロポリスが広がっていたとは!?イタリアのあちこちに、ローマとパレルモは特に有名ですが、地下墓地があることが知られています。わたしは、怖がりなので、絶対そういうところへは行きませんが。

画像


次に出てくるのが、3つの噴水で有名なナヴォナ広場です。すばらしい彫刻の噴水で行われようとした殺人!

画像


つづく。ここをクリック!ローマNo.2

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



デミトリ・デニッシュ「ローマの広場(L)」
アルファビア
© Dmitri Danish※画像をクリックすると拡大します。「ローマの広場(L

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック