日本人の大好きなフィレンツェはやっぱり綺麗!

ローマ、ミラノ、 ヴェネチアと並んで、日本人観光客に大人気なのがフィレンツェです。映画”冷静と情熱の狭間”は、フィレンツェでロケが行われ、余すところ無くフィレンツェの美しさが映し出されていました。わたしも、あの映画を見て憧れたものでした。初めて、パレルモからフィレンツェへ行ったときの印象は、日本人の多さでした。駅からDuomo広場へ向かって歩いていると、日本人の30人くらいの団体と一緒になりました。すれ違うのも、日本人に見える東洋人。ホテルのレセプションをやっていたのは、中国人でした。この街はイタリア人の方が少ないのでは?と思ってしまいました。

画像


フィレンツェの街は小さいので、バスも走っていますが、バスを待っている間に歩いてしまったほうが、早いような気がします。わたしは、全部歩いて見て回りました。まず、Duomo広場へ行くと、映画で何度も見ていたあの美しいDuomoと鐘楼が目の前に姿を現しました。色々な街のDuomoを見ましたが、フィレンツェのは色もデザインも洗練されていて、独特です。

画像


隣にある鐘楼へ上ってみました。そこから、フィレンツェの街の素晴らしい景色を見たかったからです。すぐ近くにあるサン・ロレンツォや駅、ヴェッキオ橋など、ここからなら何でも見えます。洗礼堂の屋根が迫力を持ってせまってきます。

画像


サン・ロレンツォ教会です。フィレンツェの支配者として、最後の繁栄をもたらしたのも、メディチ家のロレンツォです。

画像


このサン・ロレンツォ教会の近くにメルカートが広がっていて、食料品、衣料品、バッグ、土産物など色々売っていました。わたしは、この店で刺繍のクッション・カバーを買いました。

画像


次回へ続く

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック