佐渡の魅力は、朱鷺、金山、佐渡おけさ、たらい舟だけじゃない!!自然もきれい!!

佐渡島へ生まれて初めて行ってきました。両親と一緒だったので、楽なツアーに参加しました。佐渡は、朱鷺や佐渡おけさ、たらい舟、銀山などで有名ですが、山が多く、海が綺麗です。まだそれほど、観光地化されていないせいか、道路は1本道なのに、渋滞にはほとんど会わなかったし、尖閣湾や七浦海岸など海岸線の美しさ、そして水の透明度に驚きました。

画像



新幹線で新潟駅まで行き、フェリーで海を渡って、佐渡島へ到着しました。佐渡汽船のフェリーはとても大きく(全長約130メートル、1700人乗り)、新しくきれいでした。

画像


港を出る前から、かもめが客達の投げる食べ物を目当てに飛んできます。港をかなり出るまで、ずっと頑張って付いてきました。本当に器用に、えさを空中でキャッチします。


画像


”Z"の鏡文字のような佐渡島の丁度真ん中の東側に、新潟からのフェリーが到着した両津港があります。

画像


両津港の近くの加茂湖のほとりのホテルに宿泊しました。部屋の目の前が加茂湖です。加茂湖は昔は淡水湖でしたが、水路を掘って海とつなげたため、今では海の魚が採れます。湖にはカキ養殖の筏が沢山浮いています。

画像


付近には、のどかな田園風景が広がります。こういう何気ない日本の田舎の風景もほんとうにきれいだと思います。

画像


地元の神社では、時折”薪能”が行われるそうです。佐渡では、新しい観光のポイントとして、薪能にも力を入れているようです。その昔、佐渡島に流刑になった歴史上有名な人物の一人として、能の創始者世阿弥がいます。佐渡の歴史資料館には、世阿弥が雨乞いのために踊ったという舞の場面が人形で再現されています。

画像



その日の夕食です。新鮮なべにずわい、イカそうめん、カキのみそ焼き、甘エビ、刺身、海草の酢の物などがならんでいました。佐渡の海の幸を満喫しました。お酒は、地酒の湧水をいただきました。飲みやすかったです。

画像


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





洞爺湖サミットで反響を呼んだ佐渡原生林の全容がここに。天野尚写真集 『佐渡?海底から原始の森へ』増補改訂版
トップカルチャーnetクラブ
佐渡島の豊かな自然を四季を通じて克明に記録した写真集『佐渡?海底から原始の森へ』の増補改定版です。洞

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック