修復が完了したミラノのドゥオモとガッレリア!ミラノ大学の美しいキャンパス!(夏のミラノNo.1)

2008年7月と2009年5月にもミラノへ行きました。2008年はバーニ・ディ・マジノのボランティアの後で、1週間ほど滞在しました。2009年5月は、ヴェネチアとチンクエ・テッレの旅行の前後に数日間滞在しました。2008年には、まだ一部修復中だったドゥオモが2009年5月には、修復が終わり、その荘厳な全貌を見せてくれました。

画像


これが、1年前の2008年7月の写真です。比較してください。

画像


夏のガッレリアです。

画像


冬のガッレリアと比較してください。人々の服装ばかりでなく、光や空気の違いが感じられませんか?

画像


元マッジョーレ病院で、現在のミラノ大学へ行きました。ドゥオモから徒歩で行かれる距離です。これが入り口です。守衛さんもいないので、誰でも入れます。

画像


こんなに美しい大学は、世界中探してもなかなかないと思います。少なくとも日本にはないでしょう。これがキャンパス、キオストロ(回廊)になっています。建築様式としては、ゴシックからルネッサンスに移行した時期(15世紀)だそうです。

画像


キャンパスには当然、大学生の男女がいますが、美しい女子大生の多さと言ったら!こんな子が沢山いるのです。下の写真は、電車の中で知り合った工学部の女子大生です。

画像


下の写真もミラノ大学です。以前は病院として使われていましたが、第二次世界大戦の爆撃と火災で大きな損傷を受け、大規模な修復が行われた後、大学になったそうです。

画像


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック