まるでローマの神殿のようなサン・ロレンツォ教会とサンタンブロージョ聖堂!(夏のミラノNo.2)

ミラノの見所はドゥオモ周辺に集まっています。ガッレリアからスカラ座へ抜けて、スフォルツァ城というコースもありだし、ドゥオモから王宮、ドゥオモ博物館、現ミラノ大学というコースもあり。また、ドゥオモから、サン・ロレンツォ教会とサンタンブロージョ聖堂へ徒歩で行くこともできます。サン・ロレンツォ教会は正面に古代ローマ時代の列柱があり、とてもインパクトのある教会です。

画像


この聖堂が建立されたのは、4世紀で礼拝堂には4世紀のキリストを囲む聖人達のモザイクが残っています。

画像


サンタンブロージョ聖堂もサン・ロレンツォ教会から近くなのですが、道が分からなくてかなり裏道で迷ってしまいました。何度も人に聞きながら、やっと裏口に辿りつきました。

画像


ご存知かも知れませんが、イタリア人の名前(ファーストネーム)は大抵カトリックの聖人の名前です。ロレンツォという名前のragazzo(若者)も,アンブロージョという名前のragazzo も,わたしの知り合いの中にいます。また、それぞれの街に聖人がいます。サンタンブロージョ聖堂は、ミラノの守護聖人大司教アンブロージョを祭る教会なのです。

画像


そのほかミラノには美術館や博物館も沢山ありますが、興味深いのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館です。元僧院だったところをそのまま使った建物そのものも美しいですが、とにかく内部が広く展示物が多いので、全部見るのは大変です。

画像


多才な天才として知られるダ・ヴィンチはミラノに住んでいた間、ナヴィリオ運河の改修にもその才能を使いました。今はあまり意味を持たない運河ですが、以前ミラノは輸送、灌漑、水力利用の意味で運河に依存していました。

画像


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック