”霧の摩周湖”は快晴でも美しい湖だった!摩周ブルーの湖水に映える白樺!!(北海道No.10)

2009年10月初旬の今日は、阿寒湖から、摩周湖、屈斜路湖を巡って、女満別空港まで行きます。

画像


カルデラ湖の摩周湖には、展望台がいくつかあって、そこから湖面を見下ろす形になります。第一展望台です。いかにも深そうな摩周ブルーの湖水を湛えています。

画像


カルデラ壁の急斜面にも白樺が自生しています。なんとカルデラ壁の高さは600メートルもあるそうです。急に深くなっていることと、透明度の高さから、この独特の”摩周ブルー”になるのだそうです。

画像


第3展望台へ行きました。さっきの展望台からの景色のほうが良かったような気がしました。

画像


画像


この辺りは後1,2ヶ月もするとすっかり雪に埋もれてしまうのです。わたしの両親が以前網走に流氷を見るツアーで来たときに、摩周湖にも立ち寄ったそうですが、吹雪いていたそうです。

画像


摩周湖から屈斜路湖へ行く途中に、硫黄を噴出している、箱根の地獄谷のようなところがありました。その名も”硫黄山”です。

画像


硫黄山のレストハウスで休憩しました。この食堂の窓から見えた紅葉が素晴らしかったです。

画像



ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村



 北海道の天然水摩周湖 500ml*24本【天然水摩周湖】
ケンコーコム
商品説明「北海道の天然水摩周湖 500ml*24本」は、北海道・摩周湖のミネラルウォーターです。世界

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年10月13日 12:20
ホントにきれいなところですね
1、2ヶ月で雪に覆われるって、突然冬が来る感じなんでしょうか。
2009年10月13日 15:41
mさん、そうみたいです。急に冬が来るんでしょうね。すっごく寒いでしょうね。道の両側に雪に埋もれた場合に道がある場所を示す標識が立っていたんですよ。北海道中にそういうのがありました。雪がないときは変ですが、あるときは道を示す大事な標識なんですよね。

この記事へのトラックバック