パレルモの観光名所をもう一度ご紹介!クリスマスのプレゼーピオも(シチリア写真集-パレルモNo.3)

わたしが初めてパレルモに行ったのは、2005年11月でした。まだ日中の日差しは強く夏のような気候でしたが、店のショーウィンドウにはクリスマスの近いことをつげるものを売っていました。これは、プレゼーピオです。

画像


プレセーピオ(presepio)とは、キリスト降誕の場面を人形で表現したもので、年末年始にかけてカトリックの家庭に飾られるものです。とても美しい置物で、カトリック教徒でないわたしも欲しくなってしまいました。

画像



パレルモ観光の見所は、クワットロカンティ(一昨日ご紹介しました。)のほかに、プレトーリア広場、建築方式がユニークなエレミティ教会、サン・カタルド教会などがあります。これは、真っ白で美しいプレトーリア広場です。

画像


カトリック教会なのに、イスラム的要素の入ったいかにもパレルモらしいエレミティ教会です。正式名称は、San Giovanni degli Eremitiという教会で、12世紀に建てられました。

画像


美しい回廊があります。

画像


パラティーナ礼拝堂は豪華なラヴェンナにも負けないモザイクで有名です。わたしが行ったのは、2005年の11月でしたが、その後行った人(エリチェで会ったアメリカ人)から、6ユーロを払って入ったのに、内部は修復中でろくに見られなかったと訊きました。

イタリアではよく、こういうことがあります。わたしもフィレンツェでメディチ家礼拝堂に入ったとき、修復で肝心の祭壇が見られませんでした。こういう場合は、ちゃんと最初に言うべきですよね。または、半額にするとか、、、

画像


そして、これがバロック式のカトリックの教会の隣に並んで建っているサン・カタルド教会です。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年10月17日 11:58
教会のモザイクの写真、美しいですね
ところで、シチリアや南と他の地域で発音は違いますか?
2009年10月17日 21:42
ええ、イタリアでモザイクを見るのはイタリア旅行の楽しみの一つです。発音も違うし、地方ごとにかなり異なる方言があります。特にシチリアの方言は強くって、ほとんどイタリア語と言えないくらいです。でも、もちろんどの地方でも標準のイタリア語を話しますよ。
m from Ohta-ku
2009年10月19日 13:11
スペインみたいに別の言葉があるわけじゃなくてもやっぱりかなり違うんですね~
以前フランスの北の人が、自分たちはフランス人というよりケルト、と言ってたのを聞いたり、子どもの頃は国境が境だと思っていたけれど、実際は国じゃなくて、地域による文化の境があるなあ気がつきました。

この記事へのトラックバック