火刑の広場も今は花溢れるカンポ・デイ・フィオーリ!カラヴァッジョの教会!(ローマの穴場No2)

見所満載のローマですが、大抵の観光客はローマでの時間が限られているため、有名なところしか見られません。でも、もし多少の自由時間があったら、ここはどうでしょうか?その名は、Campo dei fiori (お花畑)広場です。文字通り、野菜、お花、ハーブのお店などが軒を並べ、とってもにぎわっています。

画像


1600年2月17日、この広場で、カトリックの異端審問で有罪とされた哲学者Giorndano Brunoが、火刑に処されました。広場の中央にある像は、彼の像です。彼は、現在のこの平和な光景を目にして少しは幸せな気持になっているのでしょうか?

画像


ハーブのお店も沢山あって、わたしもパスタ用のハーブミックスなどを買いました。

画像


場所はパンテオンから南西の方向にちょっと歩く感じです。

画像


パンテオンの近くには、絵画ファンなら見逃せない、カラヴァッジョの有名な作品のある教会、San Luigi dei Francesi 教会があります。有名な作品が3点あります。この作品は、聖マタイの殉教です。

画像


素敵なオベリスクの立つ広場です。あまり自信はありませんが、多分Santa Maria Sopra Minerva 教会前の広場です。

画像


夜のトレヴィの泉です。夜でもこの辺りは沢山の観光客でいっぱいです。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年10月20日 16:27
楽しそうな広場ですね。
ハーブのお店でおみやげを買うのいいですね
2009年10月20日 19:35
mさん、コメントありがとうございます。イタリア料理には大抵ハーブを使います。パスタ用、肉用、魚用と色々なハーブミックスがありますよ!

この記事へのトラックバック