古代ローマの偉大さを今も物語る水道橋は絶対見るべし!!(ローマ観光の穴場No.3 市民の憩いの場所)

2008年6月ローマに住む友人が、水道橋見学に連れて行ってくれました。団体旅行のローマ観光のコースには入っていませんが、一見の価値があります。地下鉄のA線の、Lucio SestioまたはGiulio Agricolaで降りると、アッピア水道橋をメインとする公園に行くことができます。圧倒的な壮大さで感動ものです!

画像


古代ローマの最盛期には、100万の人口に水を供給するために、壮大な規模で水道橋が建築されました。ローマには11本の水道橋があり、精巧に計算された傾斜度を利用し、電気がなかった時代に、確実に水を供給していました。

画像


ほんとうにこの技術の高さには、現代人は全く太刀打ちできません。この立派な水道橋も敵によって破壊され、中世には廃墟となっていきました。

画像


今はローマ市民の寛ぐ公園です。

画像


ローマ市内を流れるテヴェレ川です。この川沿いの道もローマ市民の憩いの場所なのでしょう。

画像


また、古代ローマの戦車競技場だったチルコ・マッシモ(Circo Massimo)も今では、ローマ市民がジョギングをしたり、散歩をする場所になっています。ここで、映画ベンハーの戦車競技が行われていたなんて、信じられません。

画像


コロッセオの近くにいつもいるグラディエーター(gladiatore 剣闘士)たちです。写真を一緒に撮って、チップをもらっています。格好だけは、決まっていますね。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



歴代ローマ皇帝が愛したローマ水道の源水【フィレッテ・ナトゥラーレ(500ml)】
こだわりの輸入食材のお店Doo-Bee
<ローマ皇帝の愛した水>ラテン語で「渓流」を意味するフィレッテ。ローマ時代、世界の首都と呼ばれたロー

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年10月20日 16:42
グラディエーターが仕事なんですね~。
そういえばこういう人って日本の観光地にはいない。
不況だしそういう仕事する人も出てきますかね。
2009年10月20日 19:37
コロッセオの前のグラディエーターは、わたしの知る限り5年前からいますよ!以外に良い収入になるんじゃないでしょうか?ただ写真に写るだけでお金になるんだから、楽ですね。でも、日本では昔の着物や鎧を着た人なんて、見たことないですね。

この記事へのトラックバック