イタリア人の家シリーズNo.2!ジェノバの素敵なインテリ夫婦の家!!

ジェノバの友人とは、2006年4月に4回目にイタリアへ行ったときの帰りの飛行機で知り合いました。わたしの隣に座っているイタリア人のカップルが日本のガイドブックを熱心に見ていたので、わたしはたどたどしいイタリア語で話しかけました。まだ、イタリア語は語学学校に通いだして半年くらいでした。

画像



そして、彼らの日本滞在の間に1度、浅草で会いました。浅草で、仲見世や、タイミングよくやっていた流鏑馬を鑑賞してから、新宿副都心へ行きました。

画像



結婚歴が10年以上で子供なしの、昔はやった言葉ですが、DINKSです。旅慣れていて、初めての日本なのに、全部自分達でアレンジして、東京から京都、奈良そしてまた東京に戻り帰国という10日くらいの旅行でした。東京では、日本人のわたしが行ったことがない築地の魚市場まで二人で早朝に行って、使い方も分からないのに、どっさり鰹節を買ってきていました。

画像



その後メール交換を始めたのですが、学校の数学の先生をやっている彼女の書くメールが難しくて、理解するのも大変でした。辞書を引きながら、何とか7割くらいを理解していたというところです。わたしのイタリア語を、見るに見かねて最初は添削してくれました。(以下、例を添付します。イタリア語に興味のある方はご覧下さい。接続法の使い方を説明しています。)

> Penso che non c'e tante gente in Italia a cui interesa la cultura giapponese, ma vi interesa molto la mia paese, la cultura, la cucina, la gente, ecc.

彼女の添削です。
Quando usi il "Che" il tempo da usare si chiama "congiuntivo", anche gli italiani ultimamente sbagliano spesso ad usarlo
Per il verbo essere (to be) il congiuntivo non é "é" ma "sia" e la frasi giusta è:
Penso che non ci sia tanta gente in Italia alla quale interessa la cultura giapponese, a voi interessa molto il mio paese, la cultura, la cucina, la gente, ecc.


二人が知り合ったのは、彼女が生徒だった高校に彼が教育実習の先生としてきていたときです。彼の研修期間が終わったときに、彼のほうから彼女に告白したそうです。その後10年くらい付き合った後結婚しました。

画像



彼は、企業のIT主任のような仕事で、フランス国境沿いのトリエステで勤務していました。彼女は仕事で常にジェノバに住んでいました。彼は毎週末、夕方トリエステから車を飛ばしてジェノバの家まで帰ってきていました。そして、月曜の早朝またトリエステに帰るという生活をもう4年くらい続けていました。下の写真はジェノバのフェラーリ広場です。

画像



車で8時間もかかる長距離で、二重生活は大変でした。仕事を取るか、近場で仕事を探すかという選択をずっと抱えてきて、去年彼がようやくミラノの仕事に変わることができました。ミラノとジェノバは車で2時間ほどなので、トリエステとは雲泥の差です。

画像


彼らのジェノバの家はジェノバの新興住宅地にあります。コンドミーニアムの上のほうのフロアーで見晴らしも良いところです。(上の写真) エレベーターに乗るには、カードキーが必要です。まずリビングがあって、続いてサロット(小さな控えの間)、寝室(camera)は二つ、浴槽(vasca)もある浴室(bagno)、ダイニングキッチン(cucina)という構成です。イタリア人の家としては、広いほうだと思います。

画像


彼らのキッチンでわたしも天ぷらなど日本料理を作りました。

画像



ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年10月26日 18:47
ヨーロッパは全体に子どもが多い印象だけれど、その昔流行った言い方のDINKSの人たちもいるんですね。(知らないうちにDINKSとはあまり言わなくなりましたね。子どもはいた方がいい、という方向になったからでしょうか?)
手紙の文法を直してくれるとはさすがに先生
2009年10月26日 23:48
mさん、こんばんわ。そうなんです。彼女はさすが先生ですよ!子供を作らないつもりかと思っていたら、それが出来たんです続編をお楽しみに!

この記事へのトラックバック

  • 中心はここ、フェッラーリ広場

    Excerpt: ジェノバの中心にあるフェラーリ広場です。いい写真が撮れているとは思うのですが。。。 Weblog: あちこちと海外へ旅行に racked: 2010-01-24 02:46