マイケル・ジャクソンの話題の映画”This is it!”を見てきました!!

皆さんもご存知の通り、彼の突然の死は、世界中を震撼させました。マイケルがやるはずだったコンサートのリハーサルの様子を撮影した膨大なフィルムを2時間ちょっとのドキュメンタリー映画にまとめたものです。

この映画を早速今晩、近くの映画館へ見に行ってきました。わたしはそれほどのファンではありませんが、彼の音楽やダンスは大好きでした。今日見た感想は、”本当に、あんなに才能のある人を亡くしたことは、残念だ。”ということです。彼に並ぶ才能の人は、これから先現れないかもしれません。

画像


上映中は、本当に釘付けになります。大きなスクリーンに広がる彼のダンスと歌の世界に圧倒されます。心底、楽しめます。でも、本物のコンサートを見たかったと誰でも思うでしょう。あんなに、綿密にコンサートの細部までアドヴァイスをするマイケルの姿は、彼がアーティストとして、完璧を常に目指していたことを感じさせます。

それに、彼の人柄もある程度分かります。回りの人たちは、相手が世界的スターのマイケルなので、非常に気を使っています。でも、彼は全く奢ることもなく、常に謙虚に、回りの人たちに対しても気遣いを怠りません。感謝の言葉を口にするし、”Love”を口にします。

わたしが持っているアルバムは、2枚組みのアルバム”History"なのですが、1枚目と2枚目では、曲の雰囲気が違います。1枚目は、”ビリージーン”、ブラック・アンド・ホワイト”、”バッド”、”スリラー”など、どれもミリオンヒットばかりで、かなり乗りの良いアップテンポの曲ばかりです。それに対して、2枚目は、”アースソング”、”マネー”、”ヒストリー”など、この世の物欲に溺れ、自らの姿を見失って、地球や同胞達を平気で傷つけている人間達に警鐘を鳴らしている歌が多く含まれています。

画像



映画の中でも、コンサート用に準備された素晴らしいフィルムがいくつか紹介されますが、地上の楽園のような森の中に突然ブルドーザーが入り込んできて、森を破壊し、一気に楽園が焼け野原のような姿になっていくフィルムは、まさに彼が一番このコンサートで訴えたかったことなのです。このショッキングな映像は実際に、毎日アマゾンの熱帯雨林で起こっている現実と同じです。

彼はこんなにも、死の直前まで地球や地球上の生きとし生けるものを愛していたのです。彼は、もっと生きたかったのです。世界ももっと彼に行き続けて欲しかった!!本当に彼の死が心から悔やまれます。

それにしても、彼のコンサートに掛ける情熱、飽くことのない努力には、皆が敬服していました。数多くのヒット曲を作り、それをあの声と最高のダンスで見せてくれた彼に、代われる人はこれから先もいないでしょう。彼のポーズはすべて決まっています!トップレベルのダンサーが沢山出演していましたが、彼は最高でした!

2週間の期間限定だそうです。是非みなさんもご覧になることをお薦めします!!

ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック