貴族の館のモザイク模様をじ~っくり観察しました!(ピアッツァ・アルメリーナ写真集No.3)

2006年10月のある日、シチリア横断旅行に出かけた私たちは、パレルモを出発して、メッシーナ港からエオリエ諸島、カターニャ、アーチトレッツァ、そしてピアッツァ・アルメリーナに来ました。メッシーナの街角風景です。

画像


ギリシア神話、ユリシーズの冒険に出てくる、アーチトレッツァの奇岩です。

画像



ピアッツァ・アルメリーナの街は、モザイクの家と呼ばれる貴族の館で有名です。街から、ここまで車で6キロくらいと、結構な距離でした。

画像


またモザイクの模様を見ていきましょう!このモザイクには、円の中に鳥、魚、貴族らしき人の顔が描いてあります。

画像


これも漁の様子ですが、なんと羽が生えた天使たちが漁をしていますよ。

画像


写真が小さいとよく見えないので、是非写真上でクリックして大きくしてから、ご覧ください。これも天使たちの漁ですが、上に見える建物が妙に中国風じゃありませんか?木々も手を入れた松のようで、中国か日本風です。

画像


正方形やひし形をメインにした幾何学模様です。

画像


次は、円をメインにした幾何学模様です。

画像


続きます。

ランキングに参加しています。クリックお願いします。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年11月22日 23:19
漁をする天使にオリエンタルな風景のモザイク、おもしろいですねオリエンタルに見えるだけかもしれないですが。
2009年11月23日 11:09
mさん、もしかしたら2000年前にオリエントとの交流があったのかもしれませんよね。古代ローマ帝国の時代に!

この記事へのトラックバック