まだ続く発掘作業と修復作業!2000年前の素晴らしい貴族の豪邸!(No.5)

このピアッツァ・アルメリーナの古代ローマの貴族の館は、17世紀に偶然発見されたんだそうです。

画像



総面積は何と3500㎡で、入り口、暖房のあるエリア、居室、客室、寝室、ナジリカ、中庭、大食堂と、バランスよく構成されています。噴水や暖房に使用された水道も発見されています。

画像



上のモザイクは、ギリシア神話に基づくデザインでしょうか?海の中にある岩の上に腰を掛けた、人魚のような女性が竪琴を奏でています。美しい音楽で船を迷わせ、沈めた魔女かもしれません。

天使が漁をしています。海の中は魚でいっぱいです。豊かな海ですね。写真が小さいと分かりにくいので、是非写真上でクリックして大きくしてご覧ください。


画像



暖炉や柱が残っています。この屋敷はローマ帝国の位の高い貴族の屋敷だったことが分かっています。多分この辺りに他の屋敷もあったはずと、まだこの辺りの発掘作業は継続されています。

画像



このモザイクの絵も面白いですよ。鳥が2羽で車を引いていますが、この人間たちは、小人なんですよ。

画像



これも、ギリシア神話に基づいたデザインだと思います。天女のような女性たちが竜に似た伝説上の生き物に食べ物を与えています。

画像


わたしも今回ブログに記事を書くために、写真を見直してみて、いろいろ再発見をしました。車がないと行きにくい場所ですが、一見の価値がありますよ!今、一部修復中で、料金が割引(3ユーロ)になっています。

次は、アルベロベッロの写真をたっぷりお見せします。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年11月24日 21:48
こういったモザイクのディテールは、旅行中は忙しいので帰って後からゆっくり見た方が色々発見があるかもしれませんね。
2009年11月24日 23:02
mさん、その通りです。その場では、とりあえず写真を撮っておいて、後でじっくり見るというやり方ですね。今はデジカメがあるから、便利ですね。いくらでも撮れるから。

この記事へのトラックバック