世界遺産のマテーラは、独特な魅力を持つ洞窟住居の町!(マテーラ写真集No,1)

2007年の4月のある日、南イタリア第2の都市バーリから日帰りで、洞窟住居の街マテーラへ行きました。

画像


マテーラに行くには、バーリ中央駅の北側にあるバーリ・ノルド(北駅)から私鉄AppuroLucane線に乗ります。車両が3つか、4つ位しかない短い電車で、しかも途中の駅で切り離し、一部は別の方面へ行くので、注意が必要です。

画像



ユネスコの世界遺産が山ほどあるイタリアで、一番早く世界遺産の認定を受けたのは、マテーラでした。それまでは、貧民窟のようなマテーラをイタリア政府も隠そうとしていたのに、今は世界的な観光地です。

画像



今は廃墟のようになったほぼ無人の町を歩くと、物悲しさを感じます。多くの映画がここで撮影されたほど、一種独特の魅力を持つ町だからです。

画像



駅から1キロほど歩くと、小さな広場にでます。

画像



サッシ(洞窟住居)地区の入り口があります。

画像



階段を下りていくと、異様な景色が広がります。はっきり言って、きれいではありません!薄汚れ、廃墟のようで物悲しいのです。


画像



時々、ホテルやレストランがあります。どこも値段が妙に高いです。そして、住民も多少はいるようです。洗濯物を見かけたりします。

画像



ランキングに参加しています。クリックお願いします。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック