塩の博物館前から、遺跡の島モツィア島へ!!(シチリア写真集-トラパニNo.3)

ここトラパニの塩の博物館の前は、小さな港になっていて、フェニキア、カルタゴ時代の遺跡の島、モツィア島へ船で行くことができます。

画像



船はある程度お客さんの人数が揃ったら出航するようで、運航間隔は30分から1時間くらいです。出航まで暑いので、港の前にある、南の島のリゾートにありそうなカフェで待ちました。

画像



船に乗ると、最初は運河のようなところを通り、それから一応海に出ます。するとすぐ、小さな島モツア島に着きます。

画像



運河沿いに塩の山が見えます。塩の山には、乾燥を促すためにテラコッタがかぶせてあります。

画像



島が見えてきました。この島は、一時期ここの遺跡を発見したイギリス人の持ち物でした。

画像



島の大きさは40ヘクタールほどとのことですが、とにかく小さな島で、徒歩で全部見て廻っても、1時間くらいでしょう。

画像



小さな博物館があります。有史以前の陶器やコイン、像などがあるそうです。

画像


モザイクの家の跡もあります。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



トルコ遺跡Walkingガイド
サイクルズ・カンパニー
古代遺跡な旅デスク

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

m from Ohta-ku
2009年11月04日 20:04
人がいなくて時間がだらんとした感じのカフェがいい感じですね。
こういう感じのカフェが日本にもあればいいけれど、日本だとがんばった感じになっちゃうのかな。
2009年11月04日 21:10
mさん、日本では無理そうですね。あまりにちゃんとしちゃって。イタリアのいい加減さが良いのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック