ラヴェンナの素晴らしいモザイクを見ずして、イタリア美術は語れない!!(ラヴェンナ写真集No.1)

2007年の4月、ボローニャから電車に1時間半ほど乗って、モザイクで超有名なラヴェンナへやってきました。モザイクはイタリアを旅行するとしばしば目にしますが、ここのモザイクはビザンチン文化を代表する洗練された豪華絢爛なモザイクです。以前ご紹介したピアッツア・アルメリーア(シチリア)の素朴なモザイクとは、モチーフも材料もまるで異なります。

画像



駅からほどなく、街の中心 Piazza del Popolo(ポポロ広場、人民広場と訳せますが、まるで中国の広場みたいですね!)広場の中心には、街の守護聖人の像があります。イタリアの街には、それぞれ守護聖人がいます。大抵の場合、その街では守護聖人の日はお休みになっています。

画像



ラヴェンナにはモザイクで有名な教会や宮殿などが多数存在するので、そのすべてを1日で見るのは不可能です。でも、主要なポイントを押さえた共通入場券を考古学博物館の入り口で売っています。イタリアでは、多くの場所で入場券はヨーロッパ市民とその他の人々では料金が異なります。まず、ここで切符を買ってからモザイクで超有名なサン・ヴィターレ教会へ行きました。

画像



上の写真の突き当たりのところに、共通入場券を買った考古学博物館の入り口があります。これがサン・ヴィターレ教会です。

画像



一番上の写真は、サン・ヴィターレ教会のモザイクです。下の写真は、、”ユスティニアヌス帝が宮廷人を従えた図”です。

画像



外観はいたってシンプルですが、内部のモザイクは豪華絢爛で圧倒されます。

画像


建物の創立は、6世紀の半ばで古い教会です。モザイクのテーマは、やはり聖書のエピソードやキリストと十二使徒などです。

画像


サン・ヴィターレのすぐ隣にあるガッラ・プラチーディアの廟は上から見ると十字架の形をした建物で、モザイクの保護のために内部を暗くしています。天井が満点の星のようなモザイクで飾られています。宇宙空間にいるような錯覚を覚えます。回りの壁もすべてモザイクで埋め尽くされていますが、中でも特に有名なのが、”水盤から水を飲む鳩”で、これはなぜかとっても素敵なデザインです。わたしもお土産に同じデザインの飾り皿を買いました。

画像


ランキングに参加しています。皆様からのご声援が大きな励みです。
下のロゴをクリックしてください。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村






モザイクのきらめき—古都ラヴェンナ物語
九州大学出版会
光吉 健次

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック