スポーツクラブで使うイタリア語!イタリア語学校はグローバル社会の縮図!!

ちょっとこの辺で、日常的なお話しをします。わたしは毎日午後2時から5時15分まで、語学学校のイタリア語のクラスに出席しています。このクラスは、全部で何人いるのかまだ分かりません。というのも、全員が揃うことがないからです。でも、クラスメートの国籍は様々です。

画像



これが学校のレセプションです。ちょとした電気工事をやっていたので、機材が置いてあります。

画像



男性はたった一人韓国人がいるだけで、後は全員女性です。それも、ほとんどが若い人ばっかりです。19歳くらいで1年間留学している人たちもいます。ずいぶん度胸があると思うのですが、でも留学って、大抵は若いうちにするものですよね?わたしがきっと変わっているんですね。

画像



上の写真は、先生(中央)とアシスタントの先生(教育実習中)です。

クラスメートの国籍は、アメリカ2人、ロシア2人、日本3人、オーストラリア1人、ブラジル1人、スペイン1人、スウェーデン1人、メキシコ1人といった具合です。

画像



彼女は、19歳のアメリカ人です。いつもとってもお洒落で、みんなの目を楽しませてくれます。それにとってもアートが好きで、以前先生の誕生日に綺麗だけど食べられないケーキを作ってくれました。今日は授業中、自分の手にアートペインティングをしてました。

画像



授業は文法を中心に行われていますが、時間の半分くらいは自由に色んな話題についてディスカッションをします。やはり、ブラジル、スペインの人たちは多少文法的なミスや語彙の間違いはあっても、話し方がスムーズです。アメリカ人やオーストラリアの人は発音に英語のrの強いなまりがあって、すぐ外国人だと分かってしまいます。


スポーツクラブに行ったら、医師の健康診断書が2週間以内に必要だと言われました。かかりつけの医師はもちろんまだいないので、スポーツクラブでやってもらうことにしました。49.90ユーロです。骨格、骨の状態、心臓に異常がないかどうかをチェックするそうです。運動中に何かあった場合、クラブが訴えられるのを防ぐためです。わたしも予約を入れました。健康診断の後は、1回無料で筋肉マッサージをやってくれるそうです。その予約も入れました。

画像



スタジオでやっているレッスンだけでなく、プールでやっているアクワジムにも参加してみました。音楽に合わせて水の中で手足を大きく動かします。水の中なので、抵抗があって、簡単にはいきません。かなりの運動量になると思います。面白いのは、水のなかだから、ちょっと浮いていられることです。両足を前に出して、浮いたりする動きもあります。

画像



日本でもそうですが、ヨガやピラティスは先生がずっと喋りっぱなしです。イタリア語でそれを全部理解することはほぼ不可能です。でも、周りの人の動きを見ながら、多少の単語や表現を理解できれば、全然問題なくやれます。

2人称単数(tu)に対する命令形ばかりでなく、2人称複数(voi)に対する命令形、驚いたことに、1人称(io)の形も使います。

つまり、立ち上がりなさいと言う場合に、

Sali! (君に対して、立ちなさい!)
Salite voi!  (君たちに対して、立ちなさい!)
ばかりでなく、Salgo.  (自分が立ちます。) という言い方もするのです。
これは、とても興味深い発見でした。

プールで使うイタリア語では、
Schuma!   (前で足をばたばたさせて、泡を立てる。)
Schiaccia! (プールの底を強く踏む。)
Ginocchio! (膝を曲げる動作。)
Calcio! (キックをする。)
後は、右(Destra), 左(Siniestra), 大きな動作(Grosso),小さな動作 (Piccolo), 一回きりの動作(Singolo), 2回連続の動作(Due )などです。

ランキングに参加しています。皆様のご声援をお願いします。
クリックお願いします。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック