今日はミラノでも雪が降っています。昨日はブレラ美術館へ行ってきました。

寒いです。日本でも相当寒そうですが、わたしが1ヶ月前に来てから2回目の雪です。でも前回は夜少し降ったくらいで、朝にはもうやんでいて、天気も良かったので、すぐに消えてしまいました。今日は朝から雪が降っています。でも、みぞれのような水分の多い雪です。

画像



今日はパラッツォ・レアレで開催している日本展に行くのですが、この雪の中ちょっと出かけるのが億劫になります。昨日は、学校の課外活動の一環でブレラ美術館(Brera)へ行ってきました。ブレラは、緑の地下鉄のLanza駅の近くです。なかか落ち着いていて、素敵な地区です。

画像



5年前にミラノへ初めて来たときに、ブレラにも来たのですが、あまりに広く、一体何を見たらよいのかわからず、多少は有名なものを教えてもらって見ましたが、ほとんど印象に残っていませんでした。

画像



上の写真はブレラに入ってすぐ、目に入る景色です。この大きな像はナポレオンで、彼の手のひらの上に羽の生えたティんカーベルのような妖精が乗っています。これは、勝利の女神ヴィットリアだそうです。(写真上でダブルクリックをして大きくして見てください。)

建物の1,2階は美術学校になっていて、3階がピナコテカ(pinacoteca)です。

画像



3階から見下ろしたところです。

画像



ガイドの先生が数枚重要な絵を私達のために選んでくれて、詳しく説明してくれました。絵の中の光の捉え方や、それがイタリアの絵画史上いかに重要な意味を持つかとか、絵画の宗教的な意味、それぞれの絵に登場する人物についてなどです。これは、有名な絵、キス(bacio) です。恋人が街を逃げていくまえに、最後の情熱的なキスをしているところです。ようく見ると、それを見ている人の影が左に見えています。

画像



それともう一つ重要な絵、これは磔台から下ろされたキリストの死体を描いた絵です。この角度から描くことによって、人体をたった1メートル以内に納めています。キリストを神ではなく、人間として捉えています。

画像



それともう一つ、これは復活したキリストが2人の弟子と一緒に田舎の家に泊まらせてもらったときの夕食のシーンです。食事を持ってきた土地の人がキリストに気がついて、驚いている様子です。これは、黒を常にバックに使う天才画家カラバッジョの絵です。(絵の写真はインターネットでお借りしました。)

画像




ランキングに参加しています。皆様のご声援をお願いします。
クリックお願いします。Grazie! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 女帝が造った図書館

    Excerpt: ブレラ通り28番地に有名な「Pinacoteca di Brera/ブレラ絵画館」 がある。 昨年開館200周年記念という事で大変賑わいをみせた。 だが、この建物の中にはそれよりも古い歴史を持つ.. Weblog: ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - racked: 2010-03-31 00:17