ミラノ・ポリテクニコのある新市街地へ、古い友人を尋ねて地図片手に行ってきました!

わたしがイタリアに3度目に行ったとき、帰りの飛行機で、日本へ旅行へ行くイタリア人夫婦と席が隣になりました。わたしは、まだ勉強し始めたばかりのイタリア語で話しかけ、週末に浅草と新宿を案内しました。その後、2006年、2007年とジェノバにある自宅に泊めてくれて、リグーリアの美しい場所、カモーリやポルトフィーノに連れて行ってくれました。

画像



去年の5月にイタリアに来たときも、直前までは会う予定でいたのですが、出産間近の彼女はその頃流行し始めていたブタインフルエンザに感染することを恐れ、会えませんでした。その後、無事女の赤ちゃんが生まれ、わたしもジェノバの彼女の自宅へ尋ねたいと思っていました。2回ほど、ミラノへ来る予定があるから会いましょうというメールをもらったのですが、結局ご両親が具合が悪くなったりして、実現しませんでした。

突然昨日の朝、今ミラノにいるけど、会いに来られない?(Ciao! Sono a Milano. Puoi venire a trovarmi?) という携帯SMSが来ました。ミラノで働いているご主人の新しい家に来ているというのです。黄色の地下鉄の最終駅(Maciniachini)から少し歩くところでした。

来たばかりの頃は道が分からなくて苦労しました。が、今では多少は地名やヴィァ(道)の名前を覚えたし、地下鉄だけでななく、トラム、バス、フィロブスなども使えるようになりました。地図を見て大抵のところへ行かれるようになりました

というわけで、地下鉄を降りて、地図を片手に歩き出しました。途中で手土産のお菓子をお菓子屋さんで買いました。本当の菓子店(pastetricceria)のほかに、パン屋(panificio)でも結構いろんなお菓子を作っています。こっちでは、箱にいれるより、紙のお盆のようなものに菓子を並べて、その上に立体的にするために、支えのようなものをいれて、紙で包みます。日本より手間がかかると思います。

画像



友人はアパートの下の公園で赤ちゃんと一緒にベンチに座っていました。イタリアでは、技術系の大学として有名なポリテクニコが近くにあるし、ご主人の勤務している会社も近くなので散歩がてら行こうということになりました。

とても近代的なデザインのキャンパスや校舎です。

画像



今度は職住接近なので、ご主人はランチを食べに帰ってきました。あかちゃんに離乳食を食べさせ、わたしたち3人は、ボッタルガ(からすみ)のパスタを食べました。2年ぶりの再会でした。


ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



(折地図)ミラノ・ヴェネチア・フィレンツェ [JALシティガイドマップ]
キョーハンフ゛ックス
株式会社JALブランドコミュニケーション

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック