ミラノに春がやってきた!パスクワ(復活祭)の今日は、ミラノの街もガラガラでした!

ミラノでも桜が満開で一部ではもう散り始めています。色々な花が咲いて、春らしくなりました。でもパスクワのお休みがある今週末はあいにく悪天候です。街はガラガラ、地下鉄の本数も少なく、トラムもガラガラでした。でもガッレリアはいつも通り観光客でいっぱいでした。スカラ座の前の広場で特大のパスクワの卵を見つけました。

画像



カトリック教徒のイタリアにとってパスクワはとても大事な行事です。もう1,2ヶ月まえから、パスクワの大きな卵を街の菓子店やスーパーでで見かけていました。イタリア人はパスクワに一体何をするのでしょうか?

パスクワには都会に出て働いている人たちは日本のお盆のときのように、帰郷して家族とパスクワのランチを囲みます。敬虔なキリスト教徒なら、パスクワの日曜の前に、教会へ行って懺悔をして、今日はミサに行きます。

そうでない一般のイタリア人にとっては、パスクワは日本のゴールデンウィークのようなものです。こぞって旅行に行きます。A Natale con i tuoi, a Pasqua con chi voui. (クリスマスは家族と、パスクワは好きな人と過ごせ)という言葉があるように、若いカップルたちは旅行へ行きます。

画像



パスクワの卵は小さいものから、ラグビーボールのようなものまであって、綺麗な包装紙で包んであって、リボンがかかっています。そのほかにも、羊の形をしたホワイトチョコレートのお菓子などもあります。

イタリアでは先週の火曜の夜中に冬時間から夏時間へ変わりました。まったく騒がず、なんの混乱もなく、1時間はやく1日が始まるようになったのです。日照時間を有効に使うことによって、かなりの省エネになるはずです。


ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック