ミラノ周辺には変なものがいっぱい!変な公園、兵舎の変な円錐、聖人の名称の刑務所!

トレッキングイタリアの企画で、ミラノ再発見を目的とした散策があります。ガイドは、元建築家の人で興味深い建物を色々説明してくれます。今日は、ミラノの東の方へ行き、観光客が滅多に見ることがない周辺部を見学しました。

画像



ドゥオモから始まり、次第に東の方角へ向かい、最後はランブラーテ駅近くにある公園で終了しました。その公園の名前は、パルコ・イナスペッタート(Parco Inaspettato)、文字通りの意味は予想外の公園です。確かに変な公園でした。

というのも、ミラノとその他の都市を繋ぐ高速道路が上を走る、道路の橋桁の下に人造湖があるのです。水は1箇所で分断され、片方は綺麗な水なのに、もう片方は汚れています。それも変ですが、もっと変なのは、近くに放置された工場跡地があって、そこにホームレスの人たちがテントを建てて暮らしているのです。

画像



またミラノの東のほうには、イタリア軍の兵舎もあって、中は見られませんが、外から見ると変な建物がありました。円錐形の窓もないコンクリートの建物ですが、何と地下避難所だそうです。核攻撃を想定した避難所なのでしょうか?市民が逃げるところがないのに、軍にだけ避難所があって意味があるのでしょうか?

地下鉄サン・アゴスティーノ駅の近くには、ムーロ人だった聖人のヴィトーリオの名称の刑務所があります。イタリアでは、市内に刑務所があることが割りと普通のようです。日本だと隔離された辺鄙な場所のイメージが強いですが。この刑務所を舞台にした映画や演劇などもさかんに作られています。

語学学校でもよく授業の一環として、イタリア映画を見ますが、この刑務所内でボランティアをやっている映画監督がドキュメンタリータッチで作った映画を見ました。囚人たちがミュージカルをやろうとする映画ですが、完成しないうちに、恩赦がでて、ほとんどの囚人がいなくなり、ミュージカルは未完成のままで終わるという、ちょっと変な感じのエンディングでした。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック