夏のミラノの夜はイベント満載!さわやか屋外コンサートと映画が毎日楽しめる♪

ミラノの夏は暑さが厳しく、その上湿度が高く、日本の夏にそっくりです。そして蚊が多いことも同じ。ただし、日本ではクーラーや網戸が普及しているのに対して、イタリアでは一般家庭にはクーラーも扇風機もなく、網戸もなく、電子蚊取り器さえもなしで、ひたすら耐える場合も結構あります。お金がないからではなく、ただ普及していないのです。でも夏の夜はさわやかで、色々な楽しみがあります。

画像



7月、8月、9月の半ばまで、ミラノの3箇所で屋外映画がほぼ毎日夜9時か9時半から開催されています。主催者は、ANTEOという映画館で、3箇所で色々な映画をやっています。その一つ、地下鉄サンバビラの近くにあるコンセルバトーリオへ行ってきました。

ここは隣に教会(Santa Maria della Passione)があり、200年前に音楽学校として建築され、その後多くの有名な音楽家を育ててきたヨーロッパでも屈指の音楽学校だそうです。コンサートはこの学校の中庭でやりますが、素敵な回廊(キオストロ)になっています。大きなスクリーンの手前にステージも作られていて、コンサートを1時間やった後は、すぐ映画が始まりました。

画像



9時から始まったときは、まだ明るく、日中の暑さも残っていましたが、映画が始まったころ(10時)にはすっかり暗くなり、涼しくなりました。心配された蚊の攻撃もなく、とても気持よく鑑賞できました。空の色が段々暗くなっていき、時々飛行機が飛んでいるのも見えたりして、とても素敵です。

日本だとコンサートだけでも、2000円くらいはしそうですし、映画も通常は1800円くらいしますね。ここでは、本当に安くて、たった6.5ユーロでコンサートも映画も楽しめるのです。わたしは、10回券(38ユーロ)を買ったので、1回なんと3.8ユーロ(400円)で楽しめるのです。本当に嬉しい限りです。

火曜は、ミニオーケストラと歌のコンサートの後で、映画NINEをやりました。木曜は、ピアノとバイオリンのコンサートの後で、ゴーストライターを見ました。帰りは、地下鉄の終電に何とか乗って、無事帰宅しました。こういうときは、自転車が便利です。昼間は車が多く、自転車は危なそうな感じですが、この時間になると一番便利です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック