コモ湖で遊覧船観光!!ランチは豪華なカニ肉がたっぷり入ったパスタ!!

先週は友人が日本から来て、1日ミラノを案内したり、初めて簡単なイタリア語の通訳の仕事をするなど、忙しく過ごしました。友人とドゥオモに登ったり、スフォルツェスコ城の博物館を見たり、素敵な教会(サン・ロレンツォとサンタンブロージョ)を見た後、夕方はナヴィリオ運河沿いでアペリティーボをして、1日が終わりました。

画像



ランチは素敵なパラッツォの中庭にあるレストランでパスタを食べました。8月閉まっているレストランが多いので、やっと3軒目で予約ができました。ナヴィリオ運河沿いの小洒落たバールもいつもなら、夜の8時、9時にはどこも満席になるのに、ガラガラでした。

初めてのイタリア語の通訳の仕事は、日本からやってきた服飾専門学科の大学生たちの授業中の通訳と翌日はコモ湖観光の付き添いでした。服飾関連の勉強をしたことがないので、専門用語がわからないのではと多少心配はしていましたが、意外と大丈夫でした。

実技中は、針、糸、ボリュームを出す、プリーツやタックを取る、人体などの用語、手染めのプリントの説明のときは、染料や道具の使い方についての用語がでてきましたが、それほど専門的ではなかったし、見ながらだったので理解が楽でした。

翌日はまずコモ湖の近くのデザイン工房へ行きました。工房の主催者が伝統的なデザインの方法と現在のコンピューターを使ったデザインとの関連や、コモ湖地域で盛んだった養蚕や現在も中国から輸入した絹糸を利用してスカーフの生産が盛んなことなどを説明し、その後もう一人のデザイナーがコンピューターを使ってのデザインについて説明しました。

電車の乗り継ぎが悪く、いつも電車を駅で30分以上も待つことになりました。コモ湖では湖に面した素敵なレストランで、湖で取れた魚のパスタやリゾットを食べました。日本では、カニやエビは、魚には入りませんが、イタリアでは魚(pesce)に含まれます。

1時間くらい待って、ようやく大きなカニの身が沢山入ったパスタが登場!カニの甲羅や足が飾ってあって、見た目も豪華、味も良かったです。一皿21ユーロ!高かったです。

画像


それから遊覧船に乗って、湖の反対側の町(チェルノービオ)に行き、散歩とお買い物。工房の説明で聞いた、コモ湖で生産されたスカーフをお土産に買いました。美しい湖には何隻もヨットやモータボートが出ていて、家族や友人同士でバカンスを楽しむイタリア人たちの姿が見られました。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



イタリア コモ湖で染色シルクのスカーフ
欧州館【輸入雑貨のお店】
イタリア製 シルク100% スカーフとても綺麗な発色です。大きさは 85X85cmです。一枚あると何

楽天市場 by イタリア コモ湖で染色シルクのスカーフ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

rumi
2010年08月09日 21:00
いいですね~。コモ湖!!
美しい湖と聞いています。
私も是非行ってみたいです。
あーー飛んで行きたい。
2010年08月10日 06:29
rumiさん、お久しぶりです。ブログのご愛読とコメントをありがとうございます。本当に美しい湖ですよ。是非遊びに行ってください。ミラノからすぐ近くです。

この記事へのトラックバック