ブリティシュ・ミュージアム、タワーブリッジ観光、ロンドンからエジンバラへ!ロンドンNo.2

2日目は、まず午前中に大英博物館へ行きました。ここも有難いことに入場料が無料です。館内は広く、全部見て歩くには1日ではとても足りません。館内のマップを見ながら、自分の興味のあるところを選んで見るようにしました。

画像



世界各地の歴史の順番に色々なものが展示してありますが、一番の見所は古代エジプト関連だと思います。ミイラや棺が沢山展示してあります。以前?十年も前に来たときは神殿の一部も展示してあったように記憶していますが、エジプトがイギリスに対して返還を求めているという話を聞いたことがあるので、返還されたのかもしれません。

大英博物館に収まっているものは、イギリスが大英帝国だった時に世界中に出かけていって、いわば略奪してきたものだと聞いたような気がします。日本のコーナーもあったので、見に行きましたが、それほど展示品は多くありませんでした。

浮世絵はほんの少しで、なぜか三島由紀夫の写真と本が展示してあり、その前でイタリア人が熱心に写真を撮っていました。わたしが、”この人は腹切りをしたのですよ。”と言うと、その人はそのことも知っており、彼の本を何冊もイタリア語の翻訳で読んだとのことでした。その人の夢はいつか日本を旅行することだと言っていました。

この街のいたるところでイタリア人を見かけました。8月は実に沢山観光に来ています。大英博物館で軽くランチを済ませて、今度はタワーブリッジまで徒歩で行きました。テムズ川沿いには色々面白い建物や遊園地などもあります。

画像



タワーブリッジは美しい橋でした。橋の手前にはお城もあるし、橋の下のところから、テムズ川観光の遊覧船も発着しています。船に乗ろうかと思いましたが、風が強く、船に酔いそうな気がしたのでやめました。それに、テムズの水は汚くて、いかにも泥臭い臭いがありそうでした。

タワーブリッジはご存知の通り、橋の真ん中のところが大きな船が通る時に開くようになっています。毎日1回は見られるようで、その予定が書いてありました。橋の上は一般の車や通行人も普通に通れます。

この日は早めに帰り、荷物を全部持って、ビクトリア駅へ行きました。この4月、5月同じアパートに住んでいた若い中国人女性と久しぶりに再会し、夕飯を食べました。彼女はベルリンへ最初行ったのですが、労働ビザの問題で仕事ができなかったので、ロンドンで現在3ヶ月間のインターンシップを始めたばかりでした。

ビクトリア駅の近くに、バス専用の駅があって、長距離バスが色々な目的地へ向けて、1日中次々と出発しています。ロンドンから夜11時に出発して、エジンバラ到着は朝8時の予定でした。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





ロンドン タワーブリッジ ポスター
ムー大陸楽天市場ショップ
【商品サイズ:30.5×91.5cm】 ポスターは丸めた状態にして、 折り目のつかない完全梱包にて

楽天市場 by ロンドン タワーブリッジ ポスター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック