古城あり、深い滝つぼありの、コモ湖の素晴らしい眺めを楽しめる湖畔の山道!!

先週末はコモ湖沿いの有名な山道の一つ、ヴィアンダンテ(旅人の意味)をヴァレンナからデルヴィオまで歩きました。ヴァレンナでは美しい古城を、ベラーノでは悪魔がでるという深い滝つぼを見学し、最後はデルヴィオのビーチで日光浴を楽しみました。

画像



ヴァレンナはコモ湖観光の中心地とも言えます。コモ湖の中心に位置し、そこからコモ湖のあらゆる方面へ船が出ています。それに、ヴァレンナ自身も美しい街で、素敵な庭園のあるビッラの幾つかは見学できますし、丘の上の古城(Vezio)は鷹狩の鷹のパフォーマンスを見せてくれます。

画像



ヴィアダンテの山道は湖畔沿いに少し高いところを通っていくので、眼下にはいつもコモ湖の素晴らしい眺めが広がります。わたしは、世界遺産のチンクエテッレ(リグーリア)にも行ったのですが、ヴィアダンテは、チンクエテッレの眺めが良いことで有名な”愛の山道”にも匹敵すると思います。

全工程13キロくらいを途中休憩も入れながら、5,6時間で歩きました。途中にも美しい街がいくつもあって、それぞれ観光に値するのですが、山道を歩くことに重点を置き、先を急ぎました。

ベラーノの滝は、日光の華厳の滝をちょっと思い出したくらい、水量も豊富で、落差が大きく、迫力がありました。そこでは、心霊現象が目撃されたという証言がいくつもあったそうです。

最後は、デルヴィオで日光浴を楽しむ人たちに混じって、私たちもしばし横になって休憩しました。最近のイタリアはもう秋が来たようで、日中でも25度くらいにしかならず、とても水の中に入る気はしませんでした。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック