世界遺産満載のリスボンの旅!!お伽の国のお城と洗練の極致の宮殿は見逃せない!!

ポルトガルの首都リスボンへ行ってきました。それほど期待はしていなかったのに、自然の美しさに圧倒され、ノスタルジックな街にぴったりの哀愁漂うファドに感激しました。1日目は、世界遺産の街シントラへ行き、ペーナ城とレガレイラ宮殿を見ました。

画像



リスボンから様々な場所へバスツアーが出ています。シントラへも3,4社が半日コースや1日コースを出しています。半日だと、40ユーロくらい、1日になると80ユーロくらいします。バス旅行は便利ですが、高いし、自分で行ったほうが、自由も利くので、一人で廻りました。

まず、リスボンの中心にある観光案内所で、主な観光地への行き方を教えてもらいました。公共交通機関がほとんど無料になり、多くの博物館やお城、宮殿の入場料が無料または割引になる、リスボンカード(3日間用)を35ユーロで買いました。

さっそく電車を使って、シントラへ行きました。ペーナ城へはバスで行きましたが、駅から歩けなくもない距離です。山の上にあるお城の庭の入り口から城までかなり急な坂道を登っていきます。カラフルで美しいお城です。イスラム建築の影響も濃く現れ、アーチやタイルが沢山使われています。

お城の内部も見学でき、それぞれの部屋の壁、天井、家具が、異なる趣向でデザインされています。家具や置物もとても多いです。当時の人々は何もない空間を恐れていたと書いてありました。

つぎに、レガレイラ宮殿へ行きました。とても美しい宮殿ですが、それほど内部は見るものがありません。面白いのは、庭です。広大な山の中のあちこちに色々な建物が置かれ、それを繋ぐ山道があり、”生命の始まり”と題する井戸からは横穴が他の場所へ繋がっていたりして、とても面白いです。

画像


どちらも沢山見るものがあるし、歩かないといけないので、リスボンからの往復も入れて、1日かかります。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



Pen (ペン) 2008年 9/15号 [雑誌]
阪急コミュニケーションズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pen (ペン) 2008年 9/15号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック