粗挽き全粒硬質小麦粉で作った、タリアテッレとピスタチオ・クリームソースのパスタの作り方!

ミラノの中央ポルタ・ロマーナの近くにあるカッシーナ・クッカーニャ(もと大きな農家だった場所)の小さな市場に行ってきて、バイオのパスタ、ワイン、チーズなどを買ってきました。ミラノ周辺には、昔農家だった大きな家が沢山残っていて、その半数くらいは放置され、廃墟となっていますが、残り半数くらいは綺麗に修繕され、洒落たレストランやホテルになっています。

画像



イタリアでも健康志向は強く、結構ベジタリアンも多いですし、少々高めですがビオロジカル(バイオ)な食品(有機栽培の野菜とか)を求める人も多いです。このパスタは、全粒硬質小麦粉であるばかりでなく、石挽きの手挽きで粗挽きです。ホウレンソウが入っていて、色も少しグリーンがかった茶色です。日本で手に入りにくいのが、残念です。
ちなみにメールアドレスと電話番号を書いておきます。
info@aziendaagricolaorlandini.it, tel: 334 4509878

画像



ピスタチオのパスタはシチリアの代表的な料理の一つで、本当は瓶詰めのソースを買いたかったのですが、機内持ち込みの荷物には100ml以上は持ち込めないため、ピスタチオの粉を買ってきました。それに、本当なら生クリームを使うのですが、代用で牛乳で仕上げました。とっても美味しかったです。

画像



材料
パスタ:一人100グラム程度(短めのパスタのほうが合いそうです。)
にんにく:適宜
パンチェッタまたはベーコン:適宜
オリーブオイル:適宜
牛乳:一人につき50cc程度
ピスタチオの粉:一人大匙3、4杯
塩、コショウ:適宜


1.水にたっぷり塩を入れて、沸騰させ、強火でパスタを茹でます。
2.同時にフライパンを熱し、オリーブオイルをいれ、にんにく一欠片をいれて、ベーコンを入れて、いためます。
3、そこにピスタチオと牛乳または生クリームをいれ、パスタの茹で汁も適度に加えます。
4.塩とコショウで味を調えます。
5.茹で上がったパスタを茹でたお鍋にもどし、そこにパスタソースをいれ、混ぜ合わせます。

イタリアでは、日本のようにパスタの上にスースがかけられてはいません。鍋でパスタとソースを混ぜてから、皿に盛り付けます。

細かいことを気にせずに、家にある似たような材料で作ってもうまくいくと思います。クルミやヘーゼルナッツ等でも合います。

お試しください。

ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




【送料無料】sugaharaスガハラ(ニュアンス)30cmプレート(ピスタチオ)NAC-300PG
自由が丘ネオダヴィンチ
■Size:30cm■Material:GLASS■注意事項: 食洗器・電子レンジ不可☆結婚のお祝い

楽天市場 by 【送料無料】sugaharaスガハラ(ニュアンス)30cmプレート(ピスタチオ)NAC-300PG の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック