迫力ある知床の海を船で!断崖絶壁に落ちる美しい滝!サケの遡上が見られる川!No.2

翌日は、知床の独特の海を見るために朝一番の船に乗りました。ヒグマを見るためには、3時間くらいのツアーが良いようですが、それほど時間もお金も余裕がなかったので、70分のツアー(3000円)にしました。ヒグマは見られませんでしたが、素晴らしい断崖絶壁から落ちる美しい滝をいくつも見られました。

画像



ほかに有名な滝としては、オシンコシンの滝、カムイワッカの滝などがあります。オシンコシンの滝は、海沿いに走る国道334号に面していて、車ですぐ下まで行かれるので、すごくアクセスがいいです。カムイワッカ湯の滝は、マイカーで行くことはできず、知床自然センターからシャトルバスに乗ることになります。

わたしたちは行かなかったのですが、カムイワッカの滝に行ってきた人の話によると、片道40分、舗装されていない道を行き、バスの料金は1400円。湯の滝ですから、温泉プールの滑り台のように、子供たちが水着で滑り降りたり遊ぶことができるそうです。

画像



帰りのバスの時刻もあるし、その家族は30分後の次のバスで帰ったそうです。時間に余裕がないと行かれないし、お金もかなりかかるので、それだけの価値があるかどうかはちょっと疑問です。断崖絶壁に落ちる滝は、知床五胡から川ではなく、土壌に滲みこんだ水が岩の切れ目から流れ出しているのだそうです。

絶壁を鑑賞した後は、車で斜里方面に向かって国道334号を4キロほど行ったところにある、遠音別川(オンネベツ)の橋の上からサケ(カラフトマス)の遡上を見学できました。川が真っ黒に見えるほど沢山のサケが来ていました。川の流れが結構きつそうで、ほとんど水の中に停止状態のように見えました。30センチほどの段があるところの手前にはこれから試練に挑戦するサケたち、その向こうにはすでに成功したサケたちと、はっきり分かれていました。

画像



でもその上に1メートルほどの段があったのです。それは、どうサケが頑張っても乗り越えることはできそうにありませんでした。多分小さな段を飛び越えたあたりで、サケたちの旅は終わりになるのでしょう。この川は浅いので、サケの背びれまで見えます。かなりの迫力でした。

サケの遡上が見られるのは、この川ばかりではありませんが、時期的には8月半ばくらいです。子孫を残すために頑張っているサケたちの姿は感動ものです。

画像



ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



那智の滝[純米酒]500ml入り 辛口の大人の日本酒
尾崎酒造

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 那智の滝[純米酒]500ml入り 辛口の大人の日本酒 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック