セヴィリアでフラメンコショーを見るなら、地元の人たちが行くフラメンコバーに行くべし!

わたしがスペインに来たのはこれで、3回目です。1回目は、?十年前大学生だった頃で、2回目は7年前です。フラメンコショーは、昔から好きで、スペインに行ったときはもちろん見ていますし、日本でエル・フラメンコなどスペイン料理店のショーやスペインから有名なダンサーが来たときは見に行くようにしていました。

画像



グラナダのアルバイシン(アルハンブラの全貌が見られる丘)でもショーを見ましたが、それは観光客を対象にしたものでした。だから、料金はジプシーの洞窟住居見学も含まれていましたが、結構高かったはずです。が、セヴィリアで今回見ているフラメンコは全然違うものです。

セヴィリア、たぶん南スペイン全体でしょうが、フラメンコが庶民の生活の中にまさに根付いています。フラメンコは街のあちこちのタブラオやフラメンコバーで毎日開催されています。観光客向けのは20、30ユーロくらいするようですが、庶民が行くのは、フラメンコバーやレストランで、入場料は安く、5ユーロ、6ユーロで、またはショーチャージが全くなく、普通に食事をするだけでよいところもあります。

画像



たとえば、わたしが住んでいる近くにあるマカレナ地区のTorresというところですが、もう2回ショーを見ました。1回目は、有名なコンチャというダンサーのショーでした。あの巨体であの動きには驚かされましたが、やはりわたしは美しい人が踊るフラメンコのほうが美的に好きです。

Torresでの2回目は昨日でしたが、若い男性のダンサーがエネルギッシュに踊りました。足踏みも回転もダイナミックですごい迫力でした。観光客向けのものや、日本で行われているフラメンコとの違いは、この迫力とエネルギーだと思います。とにかく男も女もすごく大きな音をさせて、足を踏み鳴らすのです。それに、動きにキレがあって、素敵です。

画像



大体ショーは10時頃に始まり、1回のショーは30分程度。最初にギタリストが出てきて、椅子に座って、フラメンコギターの曲を弾きます。その技巧に皆がうっとりします。そして、歌手が出てきて、二人がパルマス(拍手)や足も慣らしながら、ギタリストは弾き、歌手は歌います。


そして、ダンサーがさっそうと登場するのです。ほんとうに格好よく登場するのです。多分15分くらい踊ります。すごい迫力とエネルギーを発散し踊ります。わたしが好きなのは、彼らの顔の表情です。大抵は、ちょっと眉間に皺を寄せたような表情ですが、昨日の若者は朗らかに楽しそうに踊っていました。踊るのが楽しくてならないという風に。


そして2回目のショーが終わると、大抵観客に向かって、参加を促します。誰もステージに上がって来ないこともありますが、昨日も一昨日も5,6人の人がステージに上がって、次々と歌や踊りを披露しました。本当に上手で感激しました。まさに、生活の中に根付いているという感じです。大抵ショーは真夜中に終わります。

多分人が集まると自然に誰かがギターを引き出し、パルマスが始まって、誰かが歌い、誰かが踊りだすのです。背の高い若者も、かなり肉のついた中年女性もジーンズ姿で踊りました。それが、とっても素敵なのです。本当に楽しい夜を過ごせました。


ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村










イベリア 魂のフラメンコ [DVD]
TCエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イベリア 魂のフラメンコ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック