セヴィリアでの生活にはいくらかかる?イタリアよりもすべて割安感のするスペイン生活!!

わたしがセヴィリアに住み始めてから、やっと1週間経ちました。最初はなにも分からずでしたが、この街にもう慣れました。東京のように大きな街ではないので、多分ミラノよりも小さいと思うので、簡単に歩いて色んなところへ行かれます。だから、バスに乗ったのもたった2回、毎日沢山歩いています。

画像



東京だと、自他共に認める方向音痴のわたしが、なぜかスペインの街だとすぐ方向を覚えてしまいました。コルドバでもセヴィリアでも1日で大体の土地勘が掴めました。イタリアの小さな街、ピサやルッカ程度もすぐ覚えられました。小さい路地は沢山あっても、路地を抜けて大きめの通りにでると、方向がはっきりします。

生活物資は近くのスーパーや小売店でいくらでも手に入ります。値段がすごく安く、食料品などミラノも日本よりはずーっと安かったのですが、さらに安いです。10ユーロもあれば、大きな袋いっぱいの食品が購入できます。生ハムやチーズの種類はイタリアのほうが多い気がします。野菜は、じゃがいもなどは、3キロが1.5ユーロとかです。パンも2斤分くらいのが、1ユーロしません。ワインとかは、2ユーロ、3ユーロくらいでも色々あります。

画像



家賃ですが、電気、ガス、水道、インターネット(Wifi)込みでシングルルームが1ヶ月300ユーロくらいです。もう少し安いところもあるようです。トイレ、キッチンはもちろん共同使用です。朝とか、みんながシャワーを浴びようとすると、お湯がすぐ無くなってしまうのが、困ります。それに、バスルームとトイレが一体化しているので、誰かがシャワーを浴びていると、トイレも使用できません。

そして、フラメンコの学校ですが、わたしはインターネットで見つけた学校(Andres'marin)という教室が1つだけの小さな学校に毎日通っています。夕方の5時から1時間半の基礎/中級レベル。セヴィリア出身の女性の先生が教えてくれます。クラスのほとんどのメンバー(12人くらい)は外国人で、フランス、ドイツ、トルコ、メキシコ、アメリカなどから来ています。日本人は私のほかに1年間フラメンコ留学をしている男性が一人います。レッスンはすべてスペイン語で行われるので、言葉ができないとせっかくの先生の素晴らしい説明が全く分からないことになってしまいます。(わたしも分かるのは6割程度です。)

画像




毎日1時間半のレッスンがあって、1ヶ月たったの150ユーロなのです。とても安いです。1時間5ユーロです。日本だと考えられないほど安いですね。フラメンコの衣装や靴なども日本よりは当然安いです。底を分厚くしたフラメンコ専用の靴が日本なら、2万円くらいするのでしょうか?わたしは105ユーロで買いました。スカートは、セールをしていたので、26ユーロと28ユーロで買いました。

バスは1,3ユーロ、おつまみのタパスは1皿が3ユーロから5ユーロくらいです。それだけでも、お昼などはお腹がいっぱいになります。リオハという赤ワインは、1グラス2ユーロ、ビールは1,2ユーロくらいです。ですから、日本の半分のお金で十分こちらでは生活をエンジョイできます。


ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック