最後に観光した美しい南欧の街マラガ!!セヴィリア短期留学からミラノ経由で帰国して1週間経ちました。

ヨーロッパから帰国し、1週間が経ちました。ようやく色々な雑用もほぼ片付き、日本での生活も落ち着きました。2月の28日にセヴィリアから電車でマラガに移動、マラガの空港からミラノ行きの飛行機に乗るまで、数時間あったので、駅に荷物を預け、マラガを観光しました。(写真は闘牛場です。)

画像



地図もないまま、駅から街の方向に歩き、さらに歴史的地区を目指して人に訊きながら歩くと、美しいメインストリートに出ました。熱帯の木々が街街路樹になっている海岸沿いの美しい通りです。観光案内もあったので、そこで地図をゲットしました。辺りはずっと公園が続き、緑が豊富です。

画像



時間があまりないことを言って、どこを見るべきか訊くと、いくつか地図に丸をしてくれました。まず見るべきなのが、ドゥオモ、それからピカソ美術館や、テアトロ・ロマーノなどです。まずドゥオモに行きました。大きいですが、入場料が5ユーロのわりには、それほど見ごたえがないという印象でした。

画像



ピカソ美術館は見つけましたが、入り口に行列が出来ているし、時間がかかりそうだったので、パスしました。街を歩くと、高台にカステッロ(お城)がありました。お城の方向に適当に30分ほど歩いていくと、入り口に辿りつきました。上りの道はかなり急でした。この城と街から見えた城は別のもので、道で繋がっているようです。時間がもっとあれば、全部見られたのですが、上のお城だけを廻りました。

画像



お城から降りて、今度はテアトロ・ロマーノ(ローマ劇場)の遺跡がありました。セヴィリアのように、観光客を乗せた馬車が街を走り、観光地といった雰囲気です。博物館なども色々あるし、1,2泊すると色々見られてよさそうです。今回はざっと、街の概観を知っただけでした。

画像



ミラノには28日の夕方到着し、それから帰国の日3月5日まで、毎日イタリア人の友人たちとランチをしたり、夜はディナーやアペリティーボを楽しみました。幸いにも最後の日曜には、天候はいまいちでしたが友人たちとレッコの近くの美しい修道院までの軽いトレッキングもできました。

画像



日本へ帰ると、すべてが異なる現実のなか、用事を片付け、昨日は3・11追悼式や脱原発デモ、国会議事堂を囲む人間の鎖に参加しました。福島原発事故が収束の兆しもないまま、日々募る放射能汚染の不安の中で暮らす国民をこれ以上原発災害で苦しめないよう、国や原子力ムラの人々に対してこれからも訴え続けなくてはなりません。


ランキングに参加しています。皆様のご声援を是非お願いします。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック