沖縄本島の恩納村に行ってきました。ダイビングと観光半々の3泊4日!美ら海水族館、首里城など。

3年ぶりに沖縄に行ってきました。沖縄はこれで8回目です。いつもダイビングが主目的で、いままで座間味、渡嘉敷、久米島(2回)、石垣、西表、そして本島は2回目でした。今までは、大抵天候には恵まれていましたが、今回は最初から最後まで外れでした。

画像



水曜の夕方の飛行機で那覇空港に着くと、これが沖縄?と思ったほどの、灰色の空。雨も降っていました。高速バスで1時間ほど乗って、恩納村に着いたのは夕方でした。なんと、その日の午前中までは天気が良かったとのことでした。それでも翌日は、曇り、雨は夜に降りました。天気が悪いと、当然海の中も暗いし、今の時期だと海から上がってからが、寒かったです。

翌日は、土砂降りでした。海の中に入ってしまえば、大して問題ないのですが、潜る気にならず、辞退しました。そして、1日どうしようかと思っていると、朝食時に昨日一緒に潜った男性に会いました。その人もやはりキャンセルして、どこに行こうか考えていました。ダイビングショップのスタッフにバスの乗り換えのことを聞いていました。

画像



ダイビングショップのある恩納村から美ら海水族館へは、まず路線バスで名護まで行って、名護から乗り換えないといけないのですが、接続が悪く、1,2時間待つこともあるとか。沖縄は車がないと本当に不便です。二人でレンタカーを借りることにしました。

1日3000円でレンタルして、保険、ガソリン代も入れて、一人2300円で行かれました。時間も片道1時間ちょっとです。10時に着いて、5時まで水族館と綺麗な景色を堪能しました。その男性とは別行動にしたので、その人はイルカのショーを3回も見たそうですが、わたしは、水族館を見た後、水族館がある海浜公園を端から端まで歩きました。

画像



イルカのショーも、普通のジャンプや輪くぐりをやるショーのほかに、近くで観察できるイベントや水中でのイルカを観察できるダイバーショーと3種類あって、とても面白かったです。もちろん、ジンベイザメ、マンタなどが悠々と泳いでいる水槽は迫力がありました。

ジンベイとマンタは以前モルジブの海でダイビングをやったときに、見たことがあったのですが、マナティーは初めてでした。ジュゴンとは尾ひれの形が違うそうです。ずんぐりとしていて、人魚のモデルと聞いても、あまりそれらしくは見えませんでした。

画像



公園内には、沖縄の色んな島や地域の昔の民家が復元されている郷土村もあるし、海岸沿いには素晴らしい海の眺望を望める木道があります。その他、すごく大きな熱帯植物園やプラネタリウムまでありました。最初は時間を持て余すかと思いましたが、5時までの7時間をばっちり楽しめました。入場料は1800円ですが、事前にコンビニなどで購入しておくと、1割引になります。

画像



翌日は早めに那覇空港に着いて、首里城見学を試みましたが、時間不足で、入り口の門で引き返しました。でも、特徴的な石垣や中国的な雰囲気は味わえました。

画像




ランキングに参加しています。皆様のワンクリックが次の記事への意欲に繋がります。↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

暇人
2013年04月04日 10:05
イタリア大好きな沖縄人です。沖縄へダイビングでいらっしゃるときは連絡ください。

この記事へのトラックバック