中世がそのまま残っている本当に可愛い街、サンジミニャーノへついに行ってきました!

今年の初めトスカーナのルッカに行ったときに、サンジャミニャーノに行こうとしたのですが、フィレンツエからでないと行かれないと知って、今回はフィレンツエからバスでサンジャミニャーノに行ってきました。本当に行った甲斐がありました。街全体が城壁で囲まれていて、入り口の門をくぐると、噂に聞いていた塔がいくつも一気に目に入ってきました。思わず、うわっすごい!と言葉が出てきました。

画像



フィレンツエのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅の近くにあるSITAのバスターミナルで切符を買い、シエナ行きのバスに乗りました。40分ほどでポッジブンシというところに着き、そこで乗り換えです。サンジミニャーノは小高い丘の上にあって、バスはお城のように見える城壁の入り口まで行きます。門を潜ると別世界のようです。

画像



インターネットで予約したホテルの場所へ行ったのですが、そこに書いてあるホテルの名称が違うし、ドアが閉まっています。困っていると、近くで日向ぼっこをしていたお年よりが電話を掛けるようにアドバイスしてくれました。電話を掛けると、これから5分か10分でそっちに行くから待ってるように言われました。15分くらい待つとオーナーの娘さんが鍵の束を持って現れました。

画像



このあたりにいくつか休暇用の部屋を持っていて、それを貸しているのですが、ホテルのようにレセプションはありません。用事があるときは、電話を掛けないといけないのです。ちょっと不便でした。でも1泊だったので、特に用事もなく、その後は電話を掛けずにすみました。

天気の良い日で、8時くらいまで明るかったので、5時ころ着いたのに、ほとんど主要なところは観光ができてしまいました。まずドゥォモ広場にある市役所の博物館に入りました。展示物を見た後、塔に登りました。数を数えると、塔が10くらい見えました。そのうち何本の塔に登れるのか、分かりませんが、この塔に登れば、町全体が下に見えます。

画像



丘の上にあって、町全体が坂だらけです。石の階段のところもあれば、レンガのような素材の緩やかな階段で道全体が出来ているところもありました。沢山の観光客が来るので、町も潤っているのでしょう。綺麗にしています。小さな裏道に入っても、道案内の看板があるし、表通りに出れば方向音痴のわたしにも簡単に分かります。

博物館もいくつかあって、考古学博物館、ワイン博物館のほかに、珍しいものとしては、拷問博物館がありました。でも怖いものは見たくないほうなので、入りませんでした。お城の廃墟のようなところがあって、そこで城壁の上に登ると、展望台のように美しい景色が見えました。


画像



ほかにも、町には”壁めぐりの散歩道”や”展望台”、”ローマ時代の水飲み場”などがありました。展望台からは、町の外の景色がよく見えました。1日で十分見られますが、とっても綺麗で可愛い町なのでお勧めです。鉄道の駅がないので、バスでフィレンツエか、シエナから行くしかありません。


クリックで応援してください。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック