イタリアで結婚式に参加しました!友達を招いてのレセプションと教会での荘厳なミサ!素敵でした!

2年前から一緒にトレッキングなどをしている仲間の一人が去年知り合った女性と結婚しました。二人とも50歳以上の高年齢で、熱心なカトリック教徒でもあったので、同棲を1年位した後に正式に結婚しました。16日(日曜)夜にはミラノ郊外の素敵なレストランでコース料理のディナー、そして22日(土曜)の午前中にはミラノ郊外の古い教会で結婚式のミサが行われました。

画像



ディナーの会場は、ミラノ南西に30分ほど行ったところにあるペスキエラ・ボロメオという地区で、古いカステッロ(お城)の隣にレストランがありました。7時半から始まり、11時頃までフルコースの後、二人がウェディングケーキにナイフをいれ、その後わたしたちもケーキをいただきました。日本で見かける、何層にもなった高さのあるケーキではなく、平べったい1層のケーキでした。

画像


ミサは、やはりミラノの東、レストランの場所からさほど遠くない、キアラベッラ修道院で行われました。日本人は、カトリック教徒でない人でも教会での結婚式をすることがありますが、イタリア人が教会で結婚のミサをする場合は、事前に数日間のコースを取って、勉強しなければいけないそうです。客席にはミサのテキストが置いてあって、神父さんの言葉も参列者が言うべき言葉も全部書いてあります。

画像



ミサの間は、バイオリンとハープとソプラノの音楽が素敵な雰囲気を作り上げていました。これも新婦のアイデアで、新婦は参列者の席にもバラのブーケを置くなど、色々細部にも湖だわって入念に計画し準備したようです。指輪の交換をし、生涯どんなときも誠実に連れそうことを誓い合い、ミサは終わりました。

外へ出ると、なんと新婦たちは白い箱を開け、何羽かの白い鳩を空に放ちました。写真撮影の後、新郎新婦と親族は昼食会に出かけました。わたしたちには、簡単なアペリティーボ(飲み物と食べ物)が用意してありました。

画像



にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック