マドリッドの美しい公園レティーロと川沿いの散歩道マドリッド・リオ!マドリッドNo.2

昨日マドリッドの記事を公開しましたが、実はまだ未完成の状態でした。わたしが作業をしている時に、イタリア人の友人が部屋に入ってきたので、あわてて保存をしたつもりが、公開してしまったのでした。後半部分にはまだ写真も入っていませんでした。これが、マドリッドのNo.2です。マドリッドの美しい公園についてご紹介させていただきます。

画像



市内の公園レティーロは広大な敷地を占め、端から端まで歩くと2,3時間はかかります。中に何箇所か案内所があり、地図もくれます。見所は、何と言っても、クリスタル・パレス、美しい列柱と彫刻アルホンソ7世の像が中心にある池、堕天使像でしょう。上の写真がクリスタル・パレスです。中には何もありません。これが人工池です。池の周りには多くの人たちがくつろいでいました。とても美しい景色で写真を撮っている人も沢山いました。

画像



大きく変わったのは、マンサナーレス河沿いにできた広い公園です。マドリッド・リオという名称で呼ばれ28キロに亘って、公園や散歩道が続きます。まだオープンしたばかりで、植えられている植物も小さいですが、後何年かするともっと綺麗になるでしょう。

画像



地下鉄のピラミデ駅で下りると、この公園地帯の一番中心に出ます。面白い橋が3つあります。一つは、全体がメタルチックで螺旋状になっているもの、後二つは橋のカバー(屋根?)を下から見上げると、とってもポップな面白い絵が描かれています。モザイクでできているのですが、コンピューター処理をしたモザイク画で人手をかけて作る従来のものとは違うそうです。

画像


画像



家族連れが多く、子供が遊べる遊具などもあります。公園に隣接してマタデーロという、劇場やレストランが一体となったお洒落な長細い形の建物があります。ちょうど日曜だったため、ギャラリーや映画館などは休みでしたが、建物の外観も中のインテリアもお洒落です。なんとここは、以前動物の屠殺場だったそうです。内部には作業に使った道具なども残っていて、可哀想な動物たちのことを考えると、複雑な気持ちになりますが、現在はとても素敵な文化スポットになっています。

画像


ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

まみ
2013年04月29日 09:33
スペインの青空は美しいですね。自分も旅行している気分になりました。
2013年04月29日 17:55
まみさま、ブログへのご訪問、ありがとうございます。スペインの空は、天気のいいときは本当に真っ青です。雲もあまりありません。でも、結構降るときは降りますよ。

この記事へのトラックバック