イタリア、スペイン、日本、どこが一番暮らしやすいか?物価、生活の質、幸せ度!

わたしの母国はもちろん日本ですが、わたしはイタリアもスペインも何回も旅行し、中長期の滞在をしてよく知っています。この3つの国を色んなポイントで比較して、どこが一番住みやすいか、一番住みたい国かを考えてみました。

画像



まず、住みやすさのポイントです。

物価が一番高いのはもちろん日本!

なにせ、トマト1個、リンゴ1個が158円とかします。つまり1ユーロ以上。

その点、スペイン、イタリアの物価はとても安いです。

もちろんスペイン、イタリアの国内でも、北と南、また大都市と田舎では全く異なります。

イタリア北部にある大都市ミラノは物価が高いです。

たとえば、シェアハウスで個室を借りると、ミラノは500ユーロくらいします。

スペイン南部の大都市セヴィリアでは、個室が300ユーロです。

でも、日本だといくらしますか?

シェアハウスはまだあまり一般的ではありません。

バス、キッチンつきの一部屋を借りると、東京なら8万円くらいはしますよね。

画像



それに、東京で部屋を借りると、それに電気、ガス、水道、インターネットなどが掛かってきます。

でも、イタリアやスペインで個室を借りると、光熱費もインターネットも込みの値段です。

物価はスペインは日本の半分、イタリアのミラノは3,4割日本よりも安いような気がします。

特に野菜や果物に関しては、スペインは日本の1/4くらい、イタリアでも半分くらいです。


清潔度を比べると、日本は圧倒的に清潔です。

道路に犬の落し物が落ちていることは滅多にありません。

でも、ミラノやセヴィリアは、気をつけないと、踏んでしまって大変なことになります。

お店のトイレや電車のトイレなども、イタリアやスペインだと、故障中ということがよくあります。

駅の券売機なども、日本だったら、故障したらすぐ修理しますが、向こうではいつまでも修理しません。


お店やホテルのサービスの程度は、日本が一番です。

日本では、コンビニや100円ショップでさえ、店員さんの応対は丁寧で素晴らしいです。

イタリアだと、ときどき店員の態度が悪く、不愉快になることもあります。

みなさんは、どの国が一番住みやすいと思いますか?

画像



幸せ度を考えると、セヴィリアが一番のような気がします。

セヴィリアは失業率が高く、貧しいはずですが、みんな幸せそうです。

いつも友人たちとビールを飲んだりして、楽しそうです。

日本は一番経済的に豊かなのに、幸せ度のランキングでは、40位以下だそうです。

日本では、お金がないと生活を楽しめない。

何をするにも、お金がかかる。

ところが、最近は貧富の差が拡大して、非正規雇用の人たちは、必死に働いても貯金もできません。

家も買えません。結婚もできません。とても子供も持てません。

お金の苦労もありますが、精神的な苦労も多いと思います。

日本では、一度普通の人生コースからドロップアウトすると、戻るのが大変です。

やり直すのが難しい社会です。

それに、会社の中でも、ノルマやプレッシャー、ハラスメントの下で精神を病む人もたくさんいます。

日本人は、自分にも他人にも厳しいすぎるように見えます。

もっと、スペイン人のように、”ケ・セラ・セラ!” (なるようになるさ!)で行きませんか?


先のことを心配しすぎても仕方がないし、昔のことを後悔しても仕方がないし。

今に集中して、”今”を楽しむようにしましょう!






ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック