イタリアにはマックがあるがスターバックスがない理由とは!?

スローフードの国イタリアにも、マックやケバブがあって、結構人気があることを前回書きました。マックとスターバックスはアメリカ資本の国際的チェーンとして、全世界に展開されています。ところが、イタリアにはありません。なぜでしょうか?

画像



一時スターバックスがイタリアのマーケットに入ってきましたが、撤退しました。

それは、イタリアにはすでにバールがそこらじゅうにあったからです。

バールはイタリア人の生活になくてはならない存在です。

朝食を食べるため、食後のコーヒーを飲むため、また夕食前の食前酒を飲むためと理由はいろいろです。


ビジネスマンも主婦も、1日に1,2回バールを利用する人が多いです。

だから、スターバックスが入る場所がイタリアにはなかったのです。



イタリア人の朝食はとても軽いです。(一番上の写真)

コーヒーだけの人、コーヒーと甘いパン(ブリオッシュ)の人が多いです。

ブリオッシュの中身は、クリーム、チョコクリーム、ジャムなどです。

それと、クロワッサンもプレーンとチョコクリーム入りとあります。

イタリア人は朝から食欲がないと言いますが、11時ごろにはもうお腹が空いてしまいます。

画像




イタリアでコーヒーと言うと、エスプレッソのことで、苦いので砂糖をたくさん入れて、一気に飲みます。

小さなカップに下からほんの2,3センチほど入っています。

それに、泡立てたミルクを入れたものが、マッキアート。

大きなカップに泡立てたミルクとコーヒーを半々くくらいいれたものが、カプチーノです。


スペインではコーヒーというと、カフェ・コン・レチェのことで、カフェ・オレです。

ミルクは泡立てません。

スペイン人はイタリア人ほどはコーヒーを飲みません。

が、代わりに毎日たくさんビールを飲みます。(特に南ですが)


画像




ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック