スペインの代表的料理パエリアは、男性が作る料理!

9月になりましたが、今日も残暑です。みなさま、お元気ですか?今日はスペインの食べものについてです。何と言っても、スペイン料理でいっちば~ん有名なのは、パエリアまたはパエージャです。日本ではパエリアということが多いすが、スペイン語ではパエージャと発音します。

画像



ようするに大きなフライパンでお米や野菜、肉または魚介類を一緒に料理する大胆なお料理です。


一般家庭では男性が料理をすると、大昔に聞きました。


わたしが大学生でスペインに夏季留学していたときに、スペイン人女性が言っていました。


そして、わたしも彼女の家でご主人が作ったパエージャをご馳走になったのです。


大昔だったので、味は覚えていませんが、とても見栄えがよかったのを覚えています。


スペインじゅうどこでも、パエージャは食べられます。


が、もともとはスペインのバレンシア地方(地中海沿い)で生まれた料理です、スペイン中に広まりました。


セヴィリアでは、もちろんレストラン、バールで食べられますが、様々なイベントでも提供されます。


画像



巨大なフライパンで男性が1時間くらいつきっきりになって、パエージャを作っています。


たとえば、このイベントでは、ランチタイムに2種類のパエージャがありました。


どっちも3ユーロ程度でした。



わたしがよく行ったお気に入りのバールでは、隔週土曜のランチタイムに2ユーロで食べられました。


(一番上の写真をご覧ください。)


パエージャが2ユーロで、ビールも1ユーロ程度。


つまり、350円くらい!本当に安い!です。


でも、観光客がよく行くガイドブックに乗っているようなお店では、もっと高いです!


もちろん、材料も良いものを使っているのでしょうが、12ユーロとかします。


二人分くらいですから、日本に比べると、ずっと安いですが。



次は、パエージャの種類や作り方、材料などについて書きます。


お楽しみに!


ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


お奨めスペインツアー!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック