19年逃亡の伊マフィア首領、英国で逮捕 旅行会社経営の「最高の隣人」

イタリアでは毎日のようにマフィアがらみのニュースがありますし、マフィア関連の映画もよく作られます。ゴモッラというナポリのマフィアに潜入して命がけで書いた小説が何年か前にイタリアで出版され、その作者サビアーノは暗殺を恐れ身を隠していました。また、最近見たイタリア映画”静かな生活”という映画は、元マフィアの幹部が素性を隠してドイツで静かな生活をしていたところ、息子らしき人物が訪ねてきて、結局静かな生活は破たんし、また逃亡生活に戻るという内容でした。まさに、それに似たことが実際にありました。以下は素性を隠したマフィアのボスがどんな生活をしていたかということがわかる興味深いニュースです。

画像



【8月9日 AFP】禁錮刑判決を受けながら19年にわたって逃亡を続けていた伊シチリア・マフィアの首領が今週、英ロンドン(London)で逮捕された。しかし、逮捕状に不備があり釈放される可能性が出ている。

 ロンドン警視庁(Scotland Yard)の発表によると、ドメニコ・ランカドーレ(Domenico Rancadore)被告(64)は7日、欧州逮捕状に基づいて身柄を拘束された。

 ランカドーレ被告はシチリア(Sicily)のマフィア組織コーザ・ノストラ(Cosa Nostra)の最高幹部で、組織内では「先生(u profissuri)」の異名で通っていた。逮捕状によると、シチリア島のパレルモ(Palermo)を拠点に1987~95年にマフィア活動に従事したとして、イタリアで本人不在のまま禁錮7年の判決を受け、イタリア警察当局が最も危険な犯罪者の1人として行方を追っていた。

画像



 だが、ロンドン・ウェストミンスター(Westminster)の治安判事裁判所で8日に行われた審理で、クエンティン・パーディー(Quentin Purdy)判事は欧州逮捕状の有効性に疑義を表明。ランカドーレ被告が釈放される可能性があると指摘した。 

 ランカドーレ被告は、英国人の妻と共にロンドン郊外のアクスブリッジ(Uxbridge)で暮らし、旅行代理店を経営していた。地元では「マーク・スキナー(Marc Skinner)」と名乗っており、妻との間に2人の子どもも設けていたという。

 近所に住む女性は、「知り合って何年にもなり、子育てだって互いに協力してきた。これ以上ないほど最高の隣人だったのに」と衝撃を語っている。

画像




ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック