カポベルデのヴィラッジョでの生活は水曜日で滞在者が入れ替わります!サンタ・マリアの桟橋!No.14

カポベルデのイタリア人のヴィラッジョでの生活は、1週間単位で行われます。水曜は、出発と到着の日です。朝から出発の人たちのスーツケースがロビーに並んでいました。11半出発組と1時半出発組といました。この1週間で色んな人たちと仲良くなったので、わたしも色んな人たちと挨拶して別れを惜しんだり、今までは顔をしっているだけだったような人とも、簡単に挨拶しました。

画像



今日は1時半にみんなが出発すると、ほどなく新しいお客さん達がヴィラッジョに到着しました。みんなさっそく水着に着替えてプールサイドに出てきましたが、体は真っ白、顔もなんとなく疲れた感じでした。今日は先週から滞在している10人ほどのお客さん(わたしも含めて)のほかは、みんな新しい人たちなので、アクティビティもありませんでした。

10時のヨガも11時半のアクアジムも、5時からのズンバまたはステップもなかったので、今日はバールやレストランで色んな人としゃべったり、昼前はビーチ沿いの道を通って、サンタ・マリアまで歩いてきました。ほんの1キロほどの道ですが、砂浜に歩きやすい道が作ってありました。その道沿いに土産物を売る人たちや、レストランなどもありました。先週の土曜に車で友人と来たレストランや、桟橋やレジデンスもビーチのほうから行きました。時間がまだお昼前だったせいか、桟橋には取れたてのお魚を売る人たちがいました。きっと安いと思いますが、ヴィラッジョで生活しているので、魚を買う意味がありません。写真だけ撮って、帰ってきました。物売りの人たちは、イタリア語をしゃべりました。イタリア人の観光客が一番多いのでしょう。

画像



ヴィラッジョの滞在者は、スタッフと10人ほどの長期滞在者(といっても、2週間以上はいないようです)を除いて、入れ替わりました。ヴィラッジョはこうして水曜日に新しいサイクルが始まるのです。今日は到着したばかりの人たちを対象に、夜10時からアクティビティを紹介するイベントがテアトロであります。わたしも先週の水曜に到着して、最初の説明を受けました。

わたしは、日焼けをしたくないので、毎日きちんと顔にはお化粧をして、体にもPF50を塗って外出していました。1日十外にいると日焼けしすぎると思ったので、午後は友人の部屋でインターネットを使ってブログを書いたりしていました。それでも、かなり日焼けしてしまって、その上日光アレルギーだと思いますが、腕や首に赤いぶつぶつが出てきてしまいました。日本から持ってきた日焼け止め3つでは足りないと思い(どれも30ml)、ヴィラッジョの店で250mlの日焼け止めを15ユーロで買いました。結構高いと思いますが、けちっていたら、さらに日焼けをしてしまうので、仕方がありません。

画像



ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック