ジャワ島、謎の男根信仰の寺院遺跡、インドネシア料理 No.6

インドネシア旅行6日目は、ジョグジャカルタから1時間ほどの距離にある、Soloの町にあるスルタンの宮殿を訪ね、その後車で山道を登って行って、見晴のよい場所にある謎の男根信仰の寺院の遺跡Sukuhに行きました。作られた時代は15世紀のようなのですが、誰がなんのために作ったのか全く不明なんだそうです。

画像



スルタンの別の宮殿で、ガラス張りの明るい綺麗な宮殿でした。案内のローカルガイさんは、今回は若い可愛らしい人で冗談も言いながら、英語で説明をしてくれました。彼女はイスラム教徒なのに頭にスカーフをかぶっていませんでした。そのことを、中国人観光客が質問しましたが、イスラムの宗派によっては、髪の毛を隠さなくてもよいそうです。信仰は心が大事だと言っていました。そこでもスルタンNo.9とかNo.8とか、スルタンを番号で呼んで説明していました。外国からの贈り物のガラス器や陶器が沢山ありました。

画像



車で2時間ほど移動して、山のほうに行くと、その謎の寺院、Candi Sukuhに行きました。入場料を払うところで、腰に巻く黒と白の格子柄の布を渡され、観光客も皆腰に巻きました。神聖な場所を訪問するときの作法なのだそうです。(写真をよく見ると腰にこの布を巻いた観光客が写っています。)

画像



かなり高い場所にあるので、見晴が良いです。ここは大きな石で作った男性のシンボルが特徴的で、ピラミッドの上の部分を切り取ったような形をした構造の建物です。ヒンズー教もイスラム教も入ってくる前の原始的な宗教の場だったのだと考えられています。

画像



インドネシア料理のランチはこんな感じです。見た目はとっても綺麗なのですが、味はちょっと日本人好みではないかも。でも野菜が沢山使ってあることはとても良いと思います。大抵野菜のスープから始まります。

画像



この辺りは一面のお茶畑で綺麗に山の斜面に畑を作っていました。

画像



ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック