トビリシから奇岩絶景のユプリシュティエとボルジョミ観光 No.8

カズベギからトビリシに帰る途中で素晴らしい滝を見に、1時間ほどのトレッキングをしました。Gveletiという滝で、水量も多く、見事な滝です。滝の横にある大岩の上でしばらく涼みました。それから、トビリシに帰り、その夜はガイドさんが素敵なジョージア料理のレストランに招待してくれました。ライブミュージックとロシア風のダンスも楽しめました。黒い民族衣装を着たソムリエがイケメンでした。

画像


画像



一応10日間のツアーは終了となり、その後2日間はフリータイムでした。1日目は、私たちだけで、トビリシ市内のカテドラル、教会を見学したり、地下鉄に乗ってみたり、地元のマックでランチをしたり、お買い物を楽しみました。カテドラルはとっても壮大な建築で見ごたえあります。ジョージアで教会に入るとき、女性は髪の毛を隠したり、腰に巻きスカートを巻くように求められることが多いです。

画像



地下鉄は、1,5ラりでカードを買って、二駅乗りました。あまりに駅構内がボロボロなのにびっくりしましたが、地下鉄の車両そのものはまともでした。マックでサラダを取ったら、ドレッシングがなかったので、聞きに行くと、別に注文が必要でした。種類が4種類もあって、名前が複雑だったので、実物を見せてもらい、チーズの入ったドレッシングにしました。

画像



2日目は地元の旅行社の1日ツアーに参加することにしました。トビリシから色んな観光地へのツアーがあります。街中にはちゃんとしたオフィスを構えた旅行会社もあれば、街角で声をかけてくる呼び込みも非常に多いです。料金も様々だと思いますが、やはりあまりに安いツアーは心配です。私たちも最後の1日は街中にオフィスを構えている旅行社のツアーに参加しました。

画像



朝8時半に旅行会社のオフィス前からバスは出発して、ベテランのガイドさんが英語とロシア語で次々にじジョージアと今回の観光地について色んな説明をしてくれました。最初に訪れた場所はゴリという町で、ここはスターリンの生家と博物館のある場所です。次に訪れた場所は、奇岩洞窟に彫られた宗教建築らしき遺跡のあるユプリシュティエです。

画像



ジョージアはキリスト教が聖ニノによって広められる前は、日本の神道に似た多神教でした。一番信仰された神様は太陽で、丸い円がそのシンボルです。この遺跡について、何も残っている文書などもないので、考古学者たちが調べて仮説を唱えているにすぎません。中には、天井に素晴らしい彫刻を施した劇場?もありました。

画像



ツアーの最終観光地はボルジョミ、ジョージアのミネラルウオーターの産地として有名な場所です。源泉地の周りが公園になっていて、300円程度の入場料はかかりますが、中で泉から直接汲んだお水をくれます。(体には非常によいそうですが、あまり味はよくありません。)遊園地があり、川沿いに散策路が続きます。綺麗な滝もあります。

画像



1日2000円程度のツアーでしたが、内容が豊富で満足でした。最後の場所で集合時間に遅れた人がいたため、トビリシへの帰着が多少遅れました。その日は午前3時半にホテルを出て、アテネ経由でミラノに戻りました。

画像



ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック