ホーチミンの見どころ!ベトナム中部の旅 No.2

ホーチミンの見どころのうち、いつくかご紹介します。まず、誰でも行くのが、ベンタイン市場です。活気のある市場で、日用品、食料品、衣類、土産物などほぼなんでもあります。生肉や魚もその場で捌いているし、冷蔵庫をほとんど使用せず、砕いた氷がある程度なので、かなり臭いがきついです。通路は狭く、歩くと両方から声がかかってきます。日本語で、”おねえさん、何買いたい?”とか、”これ見て!”とか、英語で話しかけてきたり、とにかく足を止めさせようとします。

画像


画像



まず、言い値で買ってはダメです。東南アジアはどこでもそうだと思いますが、思いっきり値切ってください。興味がない振りをして、離れていこうとすると必死になって、値を下げてくれます。例えば最初、800(これは、800,000ドンのこと。下3桁はほぼ言いません。)と言っていても、すぐに500までは下がります。

画像



ホイアンで、女性用のNorth Faceのゴーテックスのラベルのついたレインウェアを見ていたら、最初800と言われましたが、行きかけるとすぐ、500と言ってきたのです。でもすでに、ほかの場所で、21ドルで買ったばかりだったので、買いませんでした。ベトナムにはNorth Faceの工場がありますが、残念ながら、街で安く売っている物は日本で数万円する本物とは、全く異なり偽物で、品質は劣るということでした。(下の写真は人民委員会庁舎)

画像



人民委員会庁舎の建物はフランス統治時代に建てられたもので、美しい建物です。聖母マリア教会は、入れませんでしたが、クリスマスのミサの予定が書いてありました。イタリアでよく見かける、キリスト誕生の様子を人形で表現したプレゼーピオがありました。

画像


中央郵便局は、やはりフランス統治時代に建てられたもので、美しい建物で中は、土産物売り場になっています。世界時計もおいてあります。統一会堂には、100以上の部屋があるそうですが、歴史的瞬間に使用された部屋を美しい調度と共に見学することができます。


画像



サイゴンスカイデッキは、別名ビテクスコ・ファイナンシャルタワーとも呼ばれ、68階建て、262mでホーチミンで一番高い高層ビルです。49階の展望台の料金は、700円ほどですが、払わずに登る方法があるとベトナム人ガイドから教わり、50階のカフェに行こうとしました。が、たまたまクリスマスイブのその日、カフェも51階のレストランも予約でいっぱいでした。仕方なく、52階に行ったのですが、あまりの法外なメニューに驚き、すぐ立ち去りました。

画像



サンドイッチとワイン1本で、二人で1600万ドン(8000円)と言われましたが、ショッピングモールのサイゴンセンターのイタリアンレストランで、その半分の値段で美味しいディナーを食べられました。50階、51階、52階に行くには、2階から別のエレベーターがあります。

画像



サイゴンで一番興味深かったのは、戦争証跡博物館でした。最初は、アメリカ軍の戦闘機や戦車、武器が置いてあるだけの博物館かと思って入ったのですが、ベトナムで10年間に亘って続き200万人が亡くなった悲惨なベトナム戦争について、詳細なデータや写真、使用された武器や爆弾を見られる貴重な博物館です。アメリカ軍が空から広範囲にばら撒いた枯葉剤(オレンジエージェントと呼ばれ、ダイオキシンを大量に含んでいた)やすべてを焼き尽くしたナパーム弾などによって、ジャングルが焼き払われ、人々が健康を害し、何世代にも亘って、奇形児が生まれるなど、多くの被害がもたらされました。

画像



日本でもシャム双生児ベトドクちゃんの手術は大々的に報道されましたが、そのほかにも目を覆いたくなるような、奇形児や障害に苦しむ村人たちの写真はインパクトが大きかったです。こんな化学兵器は二度と使用してはなりません。また、この戦争の報道のために、命を落としたり行方不明になったジャーナリストの功績を称える展示もあって、日本人ジャーナリストの多さに驚きました。

画像




ランキングに参加しています。下のロゴをクリックして是非応援をお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック