シチリアから鉄道連絡船でレッジョ・カラーブリアへ!イタリア半島のブーツの先端です!

今までローマとパレルモの間はいつも飛行機でしたが、今回は列車で本土へ渡る方法を取ってみました。昔のガイドブックによると、メッシーナとレッジョ・カラーブリアの港ヴィッラ・サン・ジョバンニの間は電車の車両そのものを切り離して、船に積み込むのが興味深いと書いてありました。期待していくと、何のことはない、列車を自分が降りてき切符を買い、船に乗って海峡を渡りました。大きなフェリーで沢山、車も乗船しました。
画像


ちょうどパスクワ(復活祭)の最中で、イタリア独特の大きなチョコレートの卵など、パスクワにちなんだお菓子が沢山街のお菓子屋さんで売られていました。あの大きなチョコの中にはなにが入っているのでしょうか?
画像


チョコの卵のほかに、キリスト教の教義によく出てくる羊のお菓子もあります。前から気になっていた羊のお菓子をレッジョ・カラブリアのバールで食べてみました。回りはホワイトチョコで体はクッキーで出来ていました。美味しいですが、ちょっと最後は飽きてしまいました。
画像


イタリア半島をブーツに例えるとちょうど、先端にあたる場所にあるこの小さな町で夕食を食べ、夜中出発の夜行に乗って、バリへ向かいました。4月だというのにやけに寒くて、持っていた衣類を全部身に付けて寒さをしのぎました。でも、風の吹きすさぶホームで夜中列車を待つのは大変でした。イタリアでは当たり前のように、列車が遅れますし、なんと到着するホームが何度も変わるので、アナウンスに注意していいなくてはなりません。もう2年前のことです。なんと夜行列車のコンパートメント内も暖房が効かず、寒い一夜を過ごしました。でも無事バリに到着しました。
画像


いつもは事前にホテルをインターネットで予約してあるのですが、今回は行き当たりばったりの旅行をしています。バリの街をスーツケースを引っ張りながら、ホテルを探して歩きました。そして、値段交渉!バリは、多少物価が安いようでした。一晩50ユーロでOK.
さっそく観光へ出かけます。次回は、あの可愛いとんがり帽子のような屋根の家の町、アルベロベッロです!
画像


vにほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村




夜行列車
ポニーキャニオン
ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"シチリアから鉄道連絡船でレッジョ・カラーブリアへ!イタリア半島のブーツの先端です!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント