富士山に登ってきました!どしゃぶりの雨が上がってご来光が!! (番外編)

初めての富士登山に挑戦しました。初めてで自信がなかったので、ガイドつきのバスツアーに参加しました。朝7:40に新宿駅の近くで待ち合わせ、8時に出発!平日で道がすいていたため、予定より大幅に早く、11時前に富士五合目に到着しました。その日の天気予報は、東京は降水確率20%、東海地方は70%でした。先週の天気予報を見て、水曜は晴れだったので、水曜のツアーに申し込んだのですが。まあ、土砂降りの雨にならなければいいけど、と思いながら、登山の安全をお祈りしました。

画像


一行は、ガイドさん1名とツアーの添乗員さん1名、そして登山客が28名でした。各自昼食を済ませ、薄い空気に体を慣らすためも兼ねて、1時間の休憩の後、1時頃出発しました。最初から小雨が降っていましたので、雨具着用です。富士の上のほうは、風も強いし、雨が降ると気温がすごく下がるので、簡単な雨具では8合目までは行かれても、登頂は無理だとガイドさんは言っていました。ここが、登山の入り口です。

画像


5合目から6合目は比較的平らな道でそれほど大変ではなかったのですが、6合目から7合目が結構きつかったです。岩場が結構あって、できるだけ、段差が少なくなるように、斜めに進んでいきます。人数が多いし、最後の人を時々待ちながら、ゆっくりと進んでいきます。なんとか付いていきましたが、心臓はバクバクし、息も苦しかったです。ガイドさんが呼吸をするときに、吸うより吐くほうを長くとアドバイスをしてくれたので、その通りやると多少楽になりました。これが6合目。

画像


雨は土砂降りにはなりませんでしたが、霧雨が常に降っているような感じで、時々激しくなりました。寒さ対策として、わたしはスキーウェアを着ていたのですが、これはなかなか良いアイデアでした。撥水効果もバッチリ、それに暖かかったです。時々すれ違う登山客の中には、透明なビニールの合羽の人たちもいて、寒そうでした。

画像


霧雨で視界が悪く、遠くの景色は全く見えませんでした。でも、時々清楚な高山植物が見えたり、突然風が吹いてできた雲の切れ目から美しい高原や湖が見えたりして、それなりに景色を楽しみながら登って行きました。

画像


登山道も下山道もジグザグした線を描いています。霧が晴れると、前後または上下の道が一気に視界に入ってきます。

画像


7合目には山小屋が7つあります。山小屋に着くたびに少し休憩を取って、水を飲んだりしました。休憩中に年配の方を担架で運んでいく光景を目にしました。7,8人くらいの人が担架をささえ、心臓マッサージをしている人もいました。足元が岩場のところだったので、大変な時間をかけて、数十メートルの距離を運び、その後はキャタピラタイプ車に乗せていました。やはり、富士登山は危険も伴うものだということを再認識しました。あの方は助かったのでしょうか?下を見ると、雲の切れ目から山中湖が見えました。

画像


すべての山小屋は、ジグザグした登山道に沿って存在します。結構山小屋間は距離があるように感じました。このあたりは3000メートルくらいあるわけで、ここまで物を運ぶのは大変です。だから何でも高いです。

画像


(次回はご来光です!)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

"富士山に登ってきました!どしゃぶりの雨が上がってご来光が!! (番外編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント