ナポリを見てから死ね!やっぱりナポリはすごい!  (ナポリNo.2)

日光に関して、”日光を見ずして、結構と言うなかれ。”という格言がありますが、ナポリにも同様のがあります。なんと、”ナポリを見てから死ね!(Vedi Napoli e poi muori.)"です。さすがイタリア語はインパクトがあります。確かにナポリはもっともイタリアらしい都市だと言えると思います。これは、ナポリのヴォメロの丘から見たナポリです。

画像


7月28日のブログの続編ですが、そのナポリでも最もイタリアらしいというか、ナポリらしい地区がスカッパ・ナポリという地区です。ここは、昔から数多くのイタリア映画のロケにも使われている場所ですが、狭い路地の上を見上げると、白い洗濯物がはためいている景色。それがこの地区です。最も庶民的な生活の匂いのする場所です。

画像


ヴォメロの丘に行くには、ケーブルカーに乗っていくか、または階段を登ります。私とナポリの友人は行きはケーブルカー、帰りは階段を下りて行きました。これが、ケーブルカーです。日曜だったので、切符のチェックもないし、切符も売っていないからと友人が言うので、切符なしで乗ってしまいました。

画像


ヴォメロの丘からはナポリ市のパノラマが見えます。天気がよければ、遠くにあの有名なヴェスヴィオス火山が見えます。大抵は山の上にもやもやした雲が掛かっているので、はっきりは見えません。

画像


ヴォメロの丘に向かう古い階段から街を見下ろすと、それもまた美しい眺めです。

画像


これは、スカッパ・ナポリ地区の広場です。この辺りは古い教会が多いです。

画像


ケーブルカーの乗り場近くには、ミラノのガッレリアにもちょっと似たガッレリアがあります。ガッレリア(galleria)とは、英語のgallery と同義語で、ギャラリーやアーケードの意味で、時にはトンネルも意味します。

画像


明日は、ナポリから日帰りで行ったカプリ島をご紹介させていただきます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





北海道地区限定リボンナポリン(500ml)
小樽広響林
北海道を代表する炭酸飲料「リボンナポリン」〜北海道地区限定〜シャンペン調の口当たりと柑橘系の丸みのあ

楽天市場 by ウェブリブログ

"ナポリを見てから死ね!やっぱりナポリはすごい!  (ナポリNo.2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント