バーニ・ディ・マジノでランチ・パーティーと自然散策!(レガアンビエンテ環境ボランティアNo.8)

バーニディマジノでは大きな岩(sassi)がそこらじゅうにゴロゴロ転がっており、子供達はすぐ登りたがります。また、ロック・クライミング(Arrampicata)の練習をしている大人たちもいます。この岩は、わたし達の”家”のすぐ横にありました。

画像


子供対象のサマーキャンプは1週間で、親達は子供たちをバーニディマジノまで連れてきて、1週間後の土曜のお昼にお迎えに来ます。そのときは、親達がそれぞれ一品ずつ持ち寄りでランチをします。大きな日傘の下に並べられたテーブル4つくらいがご馳走を盛り付けたお皿で一杯になります。

画像


そのときのメニューは、パスタフレッダ、ミートローフ、リゾ(ライス)のサラダ、生ハムやチーズ、ピッツア、ラザニア、アップルパイ、ゼリー、フルーツ、ワイン、ジュースetc. といった具合です。写真はパスタ・フレッダです。(作り方はここをクリック!

画像


ミラノで家に泊めてくれたイタリア人の友人が、カナダ人の友人家族を連れて、バーニディマジノへやってきました。友人の義理の娘が去年カナダでホームステイをしていたので、今度はホームステイ先のカナダ人家族がイタリアを旅行に来たのです。わたしは、バーニディマジノに住んでいるということで、ガイドを頼まれました。イタリア人家族は皆健康体ですが、カナダ家族は皆かなりの巨体なので、足が弱いのです。山道を登れなくても、sentiero(山道)の入り口辺りまでは連れて行って、川や渓谷を見せました。

画像


情報センターのある草原の木陰で休憩しています。ここは、テントを張って夜間滞在することは禁止されています。ときどきテントを張る人を見かけると、わたし達は注意をしに行きました。一応この州立公園の管理者ERSAFのスタフでしたから。

画像


そのとき寝そべりながら、空を見上げるとこうでした。

画像


ロッククライミングの練習をする人たちです。

画像


ボランティア体験記の関連記事も是非お読みください。ここをクリック!No.1,No.2,No.3,No.4,No.5,No.6,No.7)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

"バーニ・ディ・マジノでランチ・パーティーと自然散策!(レガアンビエンテ環境ボランティアNo.8)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント