手に入る材料でイタリアのそば粉バスタ、ピツォッケリを作ってみました!!

以前、ボランティア体験記No.2でご紹介したヴァルテリーナ地方のそば粉パスタ、ピツォッケリ(Pizhoccheri) を手に入る材料で作ってみました。新たに買った材料は、そば粉だけです。

画像


4人分の材料

そば粉  150グラム
小麦粉  50グラム
卵     2個
塩、オリーブオイル  適量
ジャガイモ  2個
キャベツ   2枚程度
セージ(生が良いが、乾燥タイプでもOK)
バター    40グラム
シュレッダードチーズ  適量

作り方

1.そば粉と小麦粉を合わせ、溶き卵(オリーブオイル、塩が入ったもの)を少しずつ加えながら、粉を捏ねる。
2.よく手のひらでこねて、丸め、打ち粉をしたまな板の上で麺棒を使って伸ばす。
3.薄く伸ばして、縦に3枚くらいに切り分け、重ね、1センチくらいの幅に切る。

画像



4.大鍋にお湯を沸騰させ、塩を加え、まずジャガイモとキャベツを茹でる。
5.野菜に火が通ったら、生パスタを入れる。茹で時間は4分くらい。
6.パスタを茹でる間に、フライパンにオリーブオイルを少しとバターをいれ、弱火で溶かす。
7.パスタと野菜の水を切り、フライパンにいれ、シュレッダードチーズを加える。
8.セージ、塩、コショウで味を調える。

わたしは、そばを打ったこと経験はありませんが、クッキーを作ったことはあります。生地全体に水分を馴染ませ、良く捏ね、麺棒で伸ばす手順はほとんど同じです。ピツォッケリが出来ました!!

画像


最初の写真と比べて見ると分かりますが、色が白過ぎます。やはり粉が違うからでしょう。でも、味は私が、ヴァルテリーナで食べたピツォッケリとほぼ同じです。

みなさんも、是非お試しください。

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。↓
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

余談ですが、ヨーロッパにそばがロシアを通して、アジア(満州、シベリア)から入ってきたのは、中世です。でも、ヨーロッパで現在そばを栽培しているのは、フランスとドイツ、イタリアの一部です。イタリアでは、バーニ・ディ・マジノがあるソンドリオ県とイタリアのチロル地方と言われるボルツアーノです。
これが、ヨーロッパのそば、Grano Saraceno の花 です。

画像


これが、そばの実です。

画像






"手に入る材料でイタリアのそば粉バスタ、ピツォッケリを作ってみました!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント