秋雨で青空はなくも、霧に霞む山と草紅葉の尾瀬は幽玄の世界!(尾瀬ヶ原No.3)

2009年9月12日、秋雨前線の通過で全国的に雨でしたが、幸いにも尾瀬ヶ原では、午前中小雨時々曇りの天気でした。わたしは過去に3回、快晴の尾瀬沼を経験していますが、小雨の尾瀬もなかなか良いものです。

画像


尾瀬ヶ原の湿原は東西6キロ、南北2キロに拡がり、その真ん中を突っ切るように走っている木道からは、360度の美しい自然のパノラマが広がります。

画像


天気は悪いですが、沼に山が写ってなかなか美しい景色です。

画像


竜宮十字路にある山小屋で休憩し、軽く昼食を取りました。

画像


山小屋で道を聞き、ヨッピ橋への道を歩きます。標識では、ヨッピ橋というのはなかったのですが、東電小屋と同じ方向でした。

画像


上の写真で前を歩いている女性二人連れは、金曜の夜仕事を終えてから夜行バスで尾瀬に来た若いOKでした。立派なカメラで写真を撮ってる人もよく見かけました。

画像


ヨッピ橋に着きました!予想より小さな橋でした。一度に渡れるのは10人までの吊橋です。

画像


さらに歩くと、東電小屋が見えてきました。ここでまた休憩しました。竜宮小屋と東電小屋でコーヒーを飲みましたが、両方とも美味しかったです。ただし、料金は竜宮が500円で、東電小屋は300円!

画像


東電小屋からは、同じ道を帰るだけとなりました。雨と風が時々強くなってきました。周りの山には低いところまで雲が立ち込めています。

画像


なんとか鳩待峠に帰還したのは、1時過ぎでした。バスの出発時間は2時半で1時間半もありましたが、早めに帰ってきて良かったです。どんどん雨が激しくなり、2時頃には土砂降りでした。

関連記事も是非お読みください。ここをクリック!尾瀬ヶ原No.1,No.2

ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

"秋雨で青空はなくも、霧に霞む山と草紅葉の尾瀬は幽玄の世界!(尾瀬ヶ原No.3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント