砂漠の真ん中なのに水が滴り落ちる不思議なザイオン国立公園!!(ザイオンNo.2)

2009年の9月ザイオン国立公園へラスベガスから車で行きました。公園のバスをAngles Landing (天使が降り立つことろ)で降りて、わたしたちも歩き始めました。道はほぼ平らで歩きやすいく、細かい赤い砂で覆われた道です。

画像


山道の脇には常に”バージン河”が流れています。昔はかなり"暴れ河"だったそうですが、今はとっても大人しい、優しい”娘さん”のような河です。

画像


人が立ち止まっているので、見上げると茂みの中に鹿の角が!!

画像


公園のバスの説明でも言っていましたが、回りの砂岩の上に降った雨は何百年も経ってから少しずつ、下の方の岩から染み出してくるのです。見ると確かに山の岩肌が湿っていて、そこに草や木までもが生えて、いわば宙吊りの庭(Hanging Garden)を作っているのです。

画像


回りは砂漠なのに、この地域だけは水を蓄える砂岩のおかげで、常に潤っています。岩の下にちょっとした湿地がありました。

画像


河の脇にある沼も河の水が溜まったものではなく、砂岩から流れ出した水が溜まったものだとのことです。

画像


下を見るとこんなに優しい景色ですが、上を見上げると、切り立った断崖絶壁です。ロッククライマーが来るそうですが、残念ながらこの日はいませんでした。でも、崖っぷちの山道を歩いている人たちの姿は見えました。

画像


川沿いの景色の良いところで、おにぎりのお弁当を食べましたが、この辺りにはりすが沢山いて、寄って来ます。

画像


またバスに乗ってロッジまで戻りました。ここには、お土産屋さんやトイレがあります。この公園内ではペットボトルの飲み物は全く販売していません。その代わり、新鮮な湧水を無料で提供しています。私も水筒に水を入れていきました。

画像


ランキングに参加しています。クリックお願いします。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

"砂漠の真ん中なのに水が滴り落ちる不思議なザイオン国立公園!!(ザイオンNo.2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント